ヴェルファイアら人気国産車34台の値引き額と攻略交渉術入手!!【買う前に読むべし】


■日産 エクストレイル ひと声20万円 押して26万円

【状況と交渉術】

 人気の根強さは維持し、月販2500台強を販売しているが、現行モデル発売後3年半以上が経過し、10%以上のマイナスの月が多い。

 6月8日にはマイナーチェンジし、安全対策を強化などするので、それ以降は回復する。プロドライブがオプション装着されるのでチェックを。

 現行モデルの在庫車を狙えば、大幅値引きのゲットは可能。ハリアーはじめCX-5、フォレスターと対抗。最終的にはハリアーとの一騎打ちに持ち込み決着つける。扱う日産系列店は同じ地区に複数あり同一車競合可能。

■日産 セレナ ひと声20万円 押して27万円

【状況と交渉術】

 2016年8月のフルモデルチェンジ以来、今年の3月まで、月販1万台規模で好調に売れていたが、4月からは頭打ち傾向にある。

 買い得の特別仕様車の販売が打ち切られたため。今秋にもe-POWER車の投入で回復を目指す。

 ヴォクシー/ノア/エスクァイア、ステップワゴンの最強ライバルと対抗させて粘れば、好条件を引き出せる。最終的にはヴォクシーとの対決で決着をつける作戦が最も効果的。e-POWER車投入前に強気でいこう。

今秋にはe-POWERが追加設定される、という情報が入っているセレナ。営業マン側も知っているはずなので新型を待つか現行型の在庫を狙うかで交渉を  

次ページは : ■ホンダ フィット ひと声13万円 押して19万円

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ