100kg減は当たり前!?!? 車の軽量化はどこまで進むのか? そしてそれは正義なのか??


安全技術の進化が軽量化やデザインの今後を変える!?

 パーツの樹脂化も現時点ではかなり行き着いた感があるが、鋼板を使用しての軽量化のほうが限界に近づいているから異素材、特に樹脂化はますます進められるだろう。

 今、材料メーカーや自動車メーカーが研究を進めているのは、エンジン部品の樹脂化だ。

 カムカバーやインテークマニホールドといった部品は現時点でも樹脂化されているが、シリンダーブロックやコンロッドなども樹脂化が検討されている。

 カーボンファイバーを樹脂に混ぜることで強度を上げる方法も、高級車から大衆車へと採用が広がっていく。今後は従来の樹脂部品からの置き換えやボディパネルなどへの採用が進んでいくだろう。

 そして軽量化技術だけでなく、衝突事故を予防する技術が普及すれば、衝突安全性のための強度が今ほど必要ではなくなる時代になる。そうなればクルマのデザインも大幅に変わっていくかもしれない。

 今後、クルマの進化はどういう方向性になっていくのか。まだまだ色んな可能性があるクルマの未来は、想像するだけで楽しめそうだ。

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ