いつかは乗りたい!? 乗せられたい!? 日本最高級車の系譜


新型にみる日本最高級車の意義

新型センチュリー(2018-)/全長×全幅×全高:
新型センチュリー(2018-)/全長×全幅×全高:5335×1930×1505mm、価格:1960万円

 2018年6月、21年ぶりにセンチュリーがモデルチェンジを実施。コンセプトは日本人が愛する「もてなし」の精神だ。重厚なグリルには七宝文様の柄を配し、鳳凰のエンブレムも名工の匠の技によって制作された。

 最新モデルは5LのV型8気筒エンジンにモーターのハイブリッド車になり、快適性能だけでなく環境性能も大きく向上させている。

 最新のレクサスLSもショーファードリブンとしての性格を強めたが、V型6気筒にモーターの組み合わせだし、オーラも風格もセンチュリーには及ばない。日本を代表するリムジン、センチュリーは孤高の存在である。

 ライバルとするのは、名門のロールスロイスやベンツのマイバッハ、ベントレーなどの超高級ゴージャスセダンだ。これらと比べても実力と風格は負けていない。快適性と安全性も世界トップレベルにある。また、買い得感においてもライバルを圧倒するなど、世界に誇れるVIPカーに成長した。

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ