【日産よ日本を見捨てるな!!】スカイライン、ジュークら「惜しい日産車」たち


■エルグランド 2018年5月販売台数 473台

日産・エルグランド(現行型は2010年8月発売)
日産・エルグランド(現行型は2010年8月発売)

背の高いLサイズミニバンだが、3列目のシートに座ると膝が持ち上がって窮屈に感じられ、これを畳んだ時に得られる荷室も床が高い。要は「大勢乗せてたくさん積む」という車内の広いハイルーフミニバンの特徴が台無しになっている。

加えて緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、設計の古いミリ波レーダー方式だから歩行者を検知できない。しかもV型6気筒3.5Lエンジン搭載車だけに用意され、売れ筋の直列4気筒2.5Lエンジン搭載車では装着できない。

居住性と積載性が低いのは決定的な欠点で、改善するにはフルモデルチェンジを施すしかないが、Lサイズミニバンは需要を考えると飽和状態にある。ヴェルファイア&アルファードに加えて、オデッセイ、エスティマも用意されるからだ。そして現行エルグランドは、以前は北米でクエストとして売られていたが、今はすでに終了した。

そうなるとエルグランドを廃止して、シエンタやフリードのライバルとなるような1.5Lクラスのコンパクトミニバンを開発した方が、ユーザーのメリットになる。

ちなみにかつて日産は、コンパクトなミニバンの開発を進めていたが、リーマンショックなどの影響もあって凍結されたらしい。日本で販売を回復するには、コンパクトミニバンは不可欠のカテゴリーだ。

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ