水・陸・空で活躍可能!! 新型GoPro HERO5発表

 「GoProがお客様の生活を変えていく、そして大きなインパクトを与えるような商品になっています」。

 GoProのシニアバイスプレジデント、ジョージ・ブラウン氏は9月29日に行われたGoProの新製品日本発表会の冒頭でこう語った。

 クルマ好きにとっても気になる存在、GoProの新型は果たしてどう変わった!?

 文/写真:WEBベストカー編集部


クルマにも身近なGoPro

 一般の人々でも手軽に、さまざまなシチュエーションで、本格的な動画・写真が撮れてしまうGoPro。クルマ好きにとってはレーシングマシンを始めとする車載映像の録画・撮影でおなじみの存在だ。

 BCでもおなじみ、モンスター田嶋率いるタジマコーポレーションが日本販売の総代理店を務め、アメリカ伝統のパイクスピークヒルクライムでは、GoProカラーでマシンを走らせているをご存じの方も多いだろう。

「アジアの市場は(GoPro世界販売の)約10%で、まだ大きくはないが、非常に急速に伸びている市場。それゆえ非常に注目しているマーケットだ」

 こうブラウン氏も言うように、ここ数年クルマ界はもちろん日本国内全体でも、GoProの知名度はかなり上がってきた。

 そうしたなかで、今回の発表会ではGoProの新製品、「GoPro HERO5」と、なんと空撮を可能とする「KARMA(カルマ)」が日本初公開されたのだ。

■今までのGoProとどう違う?

 従来まで販売されていたGoProは、「GoPro HERO4 ブラック」、「GoPro HERO4 シルバー」、「GoPro HERO5 セッション」の3機種。

 これらに代わる新型として今回発表されたのが、「GoPro HERO5 ブラック」と「GoPro HERO5セッション」の2つだ。

 簡単に言うと、タッチパネルも付いた上位機種が「HERO5ブラック」、よりコンパクトで手軽なモデルが「HERO5セッション」という位置づけ。HERO4の3機種から2機種に統合される形となっている。

 では、どのくらい進化したのか? まずは「HERO5ブラック」の主な特徴を見ていこう。

 ・GoPro HERO5 ブラック(税抜4万7000円)&HERO5セッション(税抜3万6000円)の主なポイント

  • ・2インチタッチパネルを搭載
  • ・ハウジングなしで水深10mまで防水
  • ・電子式手ぶれ補正機能を新搭載
  • ・充電時に写真、動画をクラウドに自動アップロード
  • ・RAWモード、WDRフォトモード新搭載
  • ・ワンボタンコントロールを採用
  • ・GPS機能搭載
  • ※赤字は、HERO5 ブラックのみの機能

 今回の新型2モデルに共通する大きな進化は、ハウジングなしで水深10mまでの防水機能、それから手ぶれ補正機能を持った点だ。

 GoProといえばアウトドアをはじめ、ハードな環境で使うことも多い。ところが、これまでは手ぶれ補正機能を持っていなかった。これはユーザーにとってはありがたい機能だ。

 加えて、クラウドベースのサービス、「GoPro Plus」にアクセスすることで、カメラ充電時に動画・静止画を自動的にアップロードできる機能も盛りこまれた。

 モデルごとに機能を見ると、HERO5ブラックは前型にはなかった非圧縮のRAWデータ撮影モードを追加。

 さらにGPS機能も持たせることで、スマホのカメラで写真を撮った時と同様、撮影場所がわかるようになった。それから操作性の面でも、従来は複数あったボタンを1つに集約し、シンプルに操作できるようになったところも嬉しいポイント。

 いっぽうHERO5 セッションは、前型のHERO セッションでは未対応だった4Kでの撮影に対応したことが最大のトピックだ。

■ドローンで簡単空撮の時代到来!?

 さて、今回の発表会のもうひとつの目玉となるのが、ドローン型GoPro「カルマ」だ。

 このカルマの売りは、ゲーム機のようなコントローラを使って、いとも簡単に空撮映像が撮れてしまう操作の簡単さ。この触れ込み通りであれば、GoProブランドでドローンが登場することによって、既存のGoProユーザーにとってはよりドローンへの距離が身近なものになるはずだ。

 ちなみに飛行高度は4500mで、フライト時間は最大20分というスペック。残念ながら実際にカルマを飛ばすことはできなかったが、どれだけ使えるものなのか? 期待は高まる。

ドローン型のカルマ。このように、撮影している映像がモニターを通して確認できる仕組み。斬新だ!
ドローン型のカルマ。このように撮影中の映像がモニターを通して確認できるしくみだ

 米国でのカルマの販売価格はドローン単体で799.99ドル(約8万2000円)、HERO5ブラックとのセットで1099.99ドル(約11万3000円)となる。

 日本では、HERO5ブラック、HERO5セッションは10月3日より日本国内で発売開始。カルマについては、今秋発売で正式発売日時はまだ決まっていないが、間もなくアナウンスがあるもよう。

 クルマとの親和性も高いGoProの新製品。価格も従来型とほぼ据え置きのため、今後どれだけ日本のユーザーに評価されるかにも注目だ!!