満足できる性能を安く手に入れる!! ドラレコ選び「あえての旧型」徹底指南

 もはや「カー用品業界の救世主」と呼んでも間違いないほど売れているドライブレコーダー。新機能を搭載したモデルの発売サイクルも過去に比べ短くなってきている中、当然商品数も増えてきています。

 しかし、そこで疑問に思うのが「これまで販売していたモデルとどう違うのか?」という点です。

 今回はあえて最新モデルではなく、旧型(2019年以前に発売された) モデルにスポットを当て、価格面でのメリットはもちろん、購入時に「ここだけは抑えておきたい」というポイントも含めて解説。

 これまで低価格品や粗悪モデルを何台も自腹で購入し「安物買いの銭失い」を自ら体験しているカーナビ伝道師の高山正寛氏が読者に対し、自分のような「にの轍を踏まない」という願いもこめてガイドします。

文:高山正寛/写真:ベストカー編集部、SUBARU、KENWOOD、COMTEC、PIONEER、AMAZON、Adobe Stock(escapejaja-stock.adobe.com)

【画像ギャラリー】ドライブレコーダーを購入する時に押さえておきたい6つのポイント


安物買いの銭失いに溺れた筆者

エンターテイメント性で人気が高まったドラレコだが、あおり運転によるトラブルが多発していることもあり販売が一気に増えている

「カー用品店で販売されている商品より安いし、自分でも買えそうだ」。

 これ、筆者が初めてドライブレコーダーをネットで買う時に思った素直な気持ちです。

 実際、価格は驚くほど安いのに搭載している機能は多彩。

①解像度はフルHD以上
②GPS搭載
③水平画角は110度以上欲しい
④HDRやWDRといった補正機能
⑤駐車監視機能
⑥前後、または前&室内録画が可能な2カメラタイプ

予算が許すなら、前後が録画できる2カメラタイプの購入がオススメ。特にリアカメラがないと煽り運転の対策にならないケースがほとんど

 このあたりが昨今のドライブレコーダーのトレンドと言っていいでしょう。

 全てではありませんが、これらの機能を搭載している商品はとにかく多く、筆者もこれに飛びつきました。しかし、その後待っていたのは「後悔」の二文字だったのです。

 工業製品である以上、商品の個体差は発生しますし、実際低価格商品を買っても「問題なく使えている」人も多いでしょう。これ自体を否定するつもりはさらさらありません。

旧型モデルにはフルHD以上の解像度やHDRやWDRといった補正機能がない場合があるが、安いからといって妥協は禁物(Amnat-stock.adobe.com)

 しかし実際取り付けてみると、地デジの映像に(思いっきり)ノイズが入ってきたり、ADAS(先進運転支援システム)に対し干渉することで、突然警告音などがなるなど散々な経験もしました。

 さらに言わせてもらうと、全く同じ商品を3台購入し同時に取り付けたこともあります。動作レスポンスなどの違いは多少ありましたが、基本数カ月後には全て故障・・・。これぞ何度も言っている「安物買いの銭失い」でした。

 これらの経験から導き出したのは(出来るならば)サポートの充実している国産メーカーの商品のほうがいい、ということです。

 ちなみに筆者は某国内メーカーの1カメラタイプに換えましたが、問題なく使えています。本音を言えば前後2カメラが欲しかったのですが、単純に予算が届かなかっただけなのです。

1世代前は確かに魅力的

 長々と前振りを書きましたが、これらを含め、今回のテーマである旧型モデルを狙うのは十分にあり、です。

 旧型=1世代前のモデルですが、冒頭に述べたようにモデルチェンジのサイクルが早い昨今、筐体(機器の外側)はそのままでレンズやソフトウエア側で進化している場合、旧型と比較しても、よほどの新機能を搭載していない限りは実際録画される映像を見えてもそれほど大差がないケースも十分あり得ます。

人気のコムテックでは、ZDR-015の上位機種がZDR-025で、その上が写真のZDR-026となっている。コムテックは数字が大きいほうが上位となっている

 具体的な見分け方というのは難しいのですが、例えば旧型が「○△□-V650」だったとして、それが「○△□-V660」になっていたとしたら、機能アップは小幅です。

 また「○△□-V650」が「○△□-X6600」とか「○△□-V660A」とかいかにも従来モデルに新機能をプラスしたように見えるモデルだとすればしっかり機能を確認したほう方がいいでしょう。

 この場合は新機能分だけ価格も上がっているので旧型との価格差はさらに発生することになります。

 今回、このテーマに合わせカー用品店はもちろんネットや家電量販店にも足を運んでみました。

 リアル店舗では旧型は少し隅のほうに追いやられている場合もありますが、ショップによっては在庫を早く処分したいケースもあり、値引きを頑張っている所もあります。

 またカー用品店の担当者は知識も豊富なので、「この機能が欲しい」と言っても「あんなの飾りです」とまるでジオングに乗ろうとするシャア大佐へ意見するように(ガンダムファンの皆さんごめんなさい)、旧型でも十分ですよ、といったリアルな話も聞けました。

ドライブレコーダーはADASのカメラやセンサーなどとも干渉するため、取り付けはプロに任せたほうが安心

 この後、特にオススメしたいモデルを5つ選んでみました。商品にもよりますが、機能的には大差が無くても登場時の実勢価格から比較して35%前後安く買える商品も存在します。

 また色々な意見はあると思いますが、筆者はドライブレコーダーの取り付けはプロに任せるべき、という考えです。

 腕に自信のある人まで否定するつもりはありませんが「道路運送車両の保安基準」への対応や前述したADASのカメラ&センサー類との干渉なども考えるとプロに任せた方が安心です。

 ということで、、旧型(2019年以前に発売された) モデルのオススメを5つ、なぜオススメなのかを解説付きで紹介します。

2カメラモデルでは一番の狙い目

ケンウッド DRV-MR745
実勢価格2万3000円前後
※実勢価格は取材時(2020年10月8日現在)のベストカーWeb編集部調べ(税別)。取り付け工賃等は別となるので事前に確認が必要

 2019年11月に発売されたモデルで後方も高画質で録画できる2カメラモデルです。特徴としてはリアガラスがスモーク処理をされていてもしっかり録画する「スモークシースルー機能」も搭載しています。

 オープン価格で発売時の実勢価格は約3万5000円前後でしたが、現在はかなり値下がりしており、実勢価格は約2万3000円前後と35%以上安くなっています。

 ゆえに販売店でも非常に人気が高く、よく売れているとのこと。

 ケンウッドから2020年には新たに「AIセンシング」というあおり運転などを検知する2カメラモデルが発売されましたが、こちらの実勢価格はまだ4万円を超えます。なかなかここまで予算が割けない人にもこのモデルはオススメです。

超広角レンズを搭載する2カメラモデル

コムテック ZDR025
実勢価格2万4000円前後
※実勢価格は取材時(2020年10月8日現在)のベストカーWeb編集部調べ(税別)。取り付け工賃等は別となるので事前に確認が必要

 多彩なラインナップを展開するコムテックからは2019年12月に発売された2カメラモデルである「ZDR025」をオススメします。

 こちらもオープン価格ですが、発売時の実勢価格は約3万2000円前後。それが現在では約2万4000円前後と約25%安くなっています。

 前後200万画素カメラを搭載し、リアカメラには夜間に強いソニー製のCMOSセンサーである「STARVIS(スタービス)」を内蔵。さらにカメラの画角の広さでフロントが172°、リアが167°と広角な点が大きなポイントです。

 コムテックには2019年1月に発売された「ZDR026」というモデルがありますが、これはフロントカメラの画素数を370万画素まで上げた高画質モデル。これも1世代前という見方はできますが、STARVISを前後とも搭載するなど人気モデルゆえか価格はそれほど下がっていません。

 また「ZDR025」は前後カメラともコンパクトな設計なので取り付けのしやすさも魅力です。

360°タイプも安くなった!!

コムテック HDR360G
実勢価格2万5000円前後
※実勢価格は取材時(2020年10月8日現在)のベストカーWeb編集部調べ(税別)。取り付け工賃等は別となるので事前に確認が必要

 リアカメラなしで前後左右360°記録できるのがコムテックの「HDR360G」です。発売したのは2018年7月なのでまさに1世代前、現在は後継モデルの「HDR360GS」と専用のリアカメラを同梱した「HDR360GW」がラインナップされています。

 オープン価格ですが360°記録できることもあり、発売当時は3万5000円前後とやや高めでしたが、現在は約2万5000円と約29%価格も下がっており買い得感が出てきました。

 ただ前述した最新モデルの「HDR360GS」との平均価格差は5000円以上ありますが、新モデルだけあって後からリアカメラを追加することができたり、HDRがプラスされていることは覚えておいたほうが良いでしょう。

 ただリアカメラは不要というユーザーには狙い目のモデルです。

手堅い1カメラモデルも2万円以下で手に入る!!

ケンウッド DRV-W650
実勢価格1万8000円前後
※実勢価格は取材時(2020年10月8日現在)のベストカーWeb編集部調べ(税別)。取り付け工賃等は別となるので事前に確認が必要

 2カメラまでは必要ない、という人にオススメなのが2019年11月に発売されたこのモデル。

「STARVIS(スタービス)」により夜間でも鮮明な録画ができる「ナイトモード」も搭載します。またレンズ自体もF1.8と明るく、さらにフルハイビジョン録画も可能。基本機能が非常に高い商品です。

 オープン価格でスタートした同商品ですが、発売時の実勢価格は約2万8000円前後。現在は約1万8000円前後と約32%価格が下がっており、コスパも非常に高い商品です。

 ひとつ注意が必要なのはこのモデルにはWi-Fi機能を搭載する「DRV-W650」と非搭載の「DRV-650」があるのですが、買うなら絶対に「DRV-W650」をオススメします。 

 理由はWi-Fiを内蔵することで録画した映像を専用アプリを介してスマホに転送できるからです。何よりも「DRV-650」との実勢価格は1500~2000円程度なので間違えないように。

徹底した価格重視で1万円以下!!

オウルテック OWL-DR501
実勢価格9500円前後
※実勢価格は取材時(2020年10月8日現在)のベストカーWeb編集部調べ(税別)。取り付け工賃等は別となるので事前に確認が必要

 2019年10月に発売されたオウルテックの1カメラモデル。オープン価格で発売時は約1万3000円前後でしたが、現在は1万円を切る価格で約27%安くなっています。

 特徴としてはコンパクトなボディに156°という超広角レンズを搭載しています。また通常は音声の録音はオフで衝撃が加わった際にオンになる「プライバシーオート録音機能」というユニークな機能も搭載します。

 ひとつ残念なのはGPSが非搭載な点ですが、価格重視という点でオススメします。

【画像ギャラリー】ドライブレコーダーを購入する時に押さえておきたい6つのポイント