スタッドレスとどう違う? 全能なのか?? 「オールシーズンタイヤ」の長所と短所


オールシーズンタイヤのメリットと注意点は?

こちらはグッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクターフォーシーズンズ」。サイドウォールにはM+S(マッド&スノー)の表記があり、チェーン規制下でも原則的には走行可能だ

 現在、日本で手に入るオールシーズンタイヤは“やや冬寄り”になってきたように思えます。さまざまな事情で夏用タイヤと冬用タイヤの2セットを持てないという方も少なからずいると思います。そうした人にとってオールシーズンタイヤはとても便利なタイヤだということができます。

 もともと履いていたタイヤをどうするのか、という問題はありますが、オールシーズンタイヤを選ぶのであれば、タイヤを履き替えることなく、多少の雪が降ろうとなんとか走ることができるでしょう。

 タイヤによって違うので確認してほしいのですが、最近のオールシーズンタイヤには、チェーン規制でもスタッドレスタイヤやほかの冬用タイヤと同じようにチェーンなしで高速道路を通行できる、“冬用タイヤであることを示すマーク”が付けられているものがあります。
 「M+S」、「SNOW」、「STUDLESS」、といった表記のほか、スノーフレークマークという山に雪の結晶を組み合わせたマークが入っているものです。

 ただし、スノータイヤ、ましてやスタッドレスタイヤほど低温に合わせたゴムを使っているワケではないので、氷雪上性能は明らかに劣ります。

 特に氷の性能は夏用タイヤより多少マシといったレベルですから、雪が走れるからといって冬用タイヤと同じペースで走ると非常に危険であるということも承知しておいてほしいと思います。