ハリアー、ノートなど日本車たちは国内市場を大事にしているのか?


日本を大事にしないクルマ8/アコード

2019年10月の東京モーターショーで公開された新型アコード。2020年初頭に日本での発売を予定している

 北米市場でのトップセールスモデルの座をカムリと争うアコード。日本市場での新型導入は遅れに遅れてしまい、2017年の北米市場での新型発表から2年以上を経て、2019年10月の東京モーターショーでお披露目され、2020年初頭に日本国内でも導入されることが発表された。

 セダンが売りにくいのは重々承知しているが、インターネットを通して情報が即時に入ってくる時代にほったらかし状態はいかがなものか。

 ホンダが3極体制で生み出したグローバルプラットフォームの出来はシビック(とハイブリッド仕様のインサイト)で確認ずみだから、期待してしばし待つことにしよう。

【画像ギャラリー】キックス、パトロール、ハイランダー、日本で販売されていない海外仕様車