ハリアー、ノートなど日本車たちは国内市場を大事にしているのか?


日本を大事にしないクルマ2/レガシィ

現行レガシィB4

 2014年に6代目となる日本市場での現行モデルが登場したのち、北米市場ではすでに2020年モデルとして7代目が、B4(セダン)を2019年2月のシカゴショー、アウトバックを同年4月のニューヨークショーでそれぞれ披露されたように、レガシィのモデルとしての販売の軸足は明確に北米市場にある。

 日本市場では6代目からはレヴォーグの登場に合わせて、B4とアウトバックのみの設定となった。

 新型はすでに北米での生産が始まっている新型「レガシィ」(米国仕様)は、スバルの米国インディアナ工場で生産し、北米市場では2019年9月から販売している。

 で、日本での発売はどうなるのか? 実は、セダンのB4は国内での生産および販売を終了する予定で、アウトバックは2020年後半を予定している。

 かつて大ヒットしたレガシィは生誕の地、日本では風前の灯。これからは日本がメインのレヴォーグに委ねられる。

2019年2月のシカゴショーで発表され、2019年9月から北米で販売されている新型レガシィ

日本を大事にしないクルマ3/スカイライン

405psの3L、V6ツインターボエンジンを搭載するスカイライン400R

 いかにも遅ればせながらというべきか、2019年9月にビッグマイナーチェンジを受けたスカイラインは、丸目4灯のリアコンビネーションランプを与え、インフィニティバッジを廃止するなど、日本市場にようやく積極的に目を向け始めた。

 インフィニティブランドの日本導入騒動(結局、実現せず)から始まった廃止論をくぐり抜け、多くの反省に基づいた努力は認めたい。

 しかし、プロパイロット2.0がハイブリッドのみの設定というのも、どうも腑に落ちない。ハイパフォーマンス仕様の「400R」を用意したのは巧みな販売戦略といえるが、アメリカ仕様にも当然あるため、特別に日本を大事にしているとは言いにくい。振った彼女を思い出して見つめ直したという表現が妥当かもしれない。

次ページは : 日本を大事にしないクルマ4/ジェイド

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ