【放っておくと大惨事に!?】クルマの「SOS信号」 危険な異音15選とその対処法


足回りからの異音

★コトコト・ゴトゴト(走行中)

 クルマを走らせていて、足回り近辺からコトコト・ゴトゴトといった異音がする場合はショックアブソーバーのオイル抜けが原因のケースが多い。ショックアブソーバーの機能が低下していると、クルマの振動が収まらないといった症例が出る。最近クルマの乗り心地が柔らかくてよくなってきたと感じた時もその兆候サイン。

 そのほかではサスペンションのアッパーマウントの劣化でもゴトゴト音は出る。

ショックアブソーバーも長く使っているとオイルが減ってくる。そんな時はコトコト・ゴトゴトという異音が出てくる。フワフワした乗り心地になってきたら要注意

ホイール&タイヤからの異音

★ギシギシ→ゴトゴト(走行中)

 ホイール周辺からギシギシという異音が発生した時は、ホイールナットが緩んでいるケースもあるので要注意。そのまま放置して走行を続けていると、ギシギシはゴトゴトに変化し、非常に危険な状態になっているので安全な場所に速やかに停止して要確認。

★キキキー(走行中)

 タイヤからキキキーと鳴る音はスキール音といって異常ではないが、スキール音が頻発する、新しいタイヤなのに出る、といったケースはタイヤの空気圧不足のケースがあるのでタイヤの空気圧を要チェック。

タイヤ&ホイール付近からの音はロードノイズと重なり聞き分けづらいが、ギシギシからゴトゴトに変化したらかなり危ないサイン

【画像ギャラリー】異音と連動させて覚えておきたい警告灯

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ