“ピンポーン”に溢れるロマン!! バス降車ボタンの世界はハマると抜け出せない??

 ベストカーの姉妹誌『バスマガジン』。濃いバス知識を得られるバス専門誌だけあって、バスファンの皆さんからご愛顧いただいている雑誌です。

 そして今回バスマガジン編集部肝入りでベストカーWebで紹介するのが「降車ボタン」の世界。バスを降りる時に「ピンポン」と押すあのボタンのこと。

 実はこの降車ボタンはかなり奥が深いらしく、バスマニアのなかにはこれだけを追っているコレクターも相当数いるらしい。降車ボタンの世界、覗いてみませんか?

取材/写真:小林敦史、取材協力/株式会社オージ
バスマガジンVol.91


降車ボタンにこんなに多くの種類があることを知ってる?

1972年から2002年(左上から右下へ)までのボタンの変遷

 路線バスや観光バスにはさまざまな車載用品が搭載されている。この企画は車載用品にフォーカスし、その奥深い世界を知ろうというものである。

 今回は降車ボタンで圧倒的シェアを誇る株式会社オージを訪れ、降車ボタン(オージでは”メモリーチャイム”と呼称しているが、本記事では降車ボタンとする)の歴史や最新トレンドなどについて話を聞いた。

1987年製のボタンがユニットの中央にあるタイプ

 今回は降車ボタンに絞ってお話を聞いたのだが、株式会社オージではほかにもデジタル行先表示器、などのワンマンバス機器や、現在はLEDを中心とした、「乗降表示灯」、「LED路肩灯」、「ステップライト」などの製品を取り扱っている。

 1955年に東京都北区に”王子ダイカスト工業(株)”を設立。1957年にはワンマンバス用電動方向幕巻取機を開発・発売。1958年にメモリーブザー(降車合図装置)を開発・発売。そして1964年に株式会社オージに社名変更している。

1987年に開発されたイラスト入り

 多くのバスに関する製品の生産及び販売をしているなかで降車ボタンを選んだのには理由がある。

 それは単にバス愛好家だけでなく、テレビの路線バスでの旅番組でも、ゲストの女優やアイドルなどの芸能人が降車ボタンを押して喜んでいるシーンがよく映し出されている。つまり降車ボタンが人々を魅了しているのだ。

 なぜ降車ボタンが人々を魅了するのか、その疑問を解決する意味でも、降車ボタンのシェアナンバー1企業へ赴いたというわけだ。

「押したら光るタイプ」は日本固有のものとして誕生

 編集部で調べたりもしたのだが、日本における路線バスの降車ボタンのはっきりした歴史というものは確認することができなかった。

 ただ、路線バスのワンマン運行が都市部を中心に目立ってきた。1960年あたりから普及してきたとされている。降車ボタン導入当初は、いまのように押すとボタンが光るというタイプではなかった。

2002年に開発されたわりとレアな横型タイプ

 今回取材協力していただいた株式会社オージが1958年に開発して発売したタイプが、おそらく日本で初めてのものではないかとも言われているが、そこも諸説があるとのこと。

 光る降車ボタンが登場した当初は光る部分以外はメッキ処理が施されていたが、その後はメッキ処理されていないタイプも登場する。

2004年製の縦横配置用のタイプ。握り棒やつり革ステーなど、縦横自在に配置できるタイプだ

 海外では中国の大都市のように、乗客の乗降に関係なく全ての停留所に停まるという場所を除けば、路線バスには降車ボタンが設置されている。

 しかし日本のようにボタンが光ることはまずないとのことである。“光る降車ボタン”は、日本国内で独自に進化を遂げてきたのである。

2001年には車イス専用ボタンが採用されている

実は降車ボタンには統一規格があり日々進化している!!

 降車ボタンの規格については、たとえば外形(サイズや光る部分とボタン部の面積など)につてはJABIA(一般社団法人・日本自動車車体工業会)により規格化されている。

 この規格をパスしていればOKとのこと。ちなみに乗客が押すボタンを”子ランプ”、運転席でボタンが押されると点灯するものは”停車表示灯”と呼ばれている。

1987年製タイプと同じ形状ながら、下部に安全メッセージが入ったタイプ

 なお、停車表示灯は”ひさし”がついたり、角度調整も可能となっており、運転士個々の見やすい位置に設定することが可能となっている。

展示サンプルだが、チャイムスピーカー部とドライバー視認用ランプもある

 車両がツーステップからワンステップ&ノンステップになるにつれて体の不自由なひとを考慮してボタンを出っ張らせたり、取り付け場所によっては誤って押してしまうのを防ぐために、ボタンを凹型にしたりもするなど、さらに工夫も凝らされてくるようになった。

2004年製。それぞれハウジングの色を変え、目的の異なるものになっている

 また降車ボタンのリセット(消灯)方法にはいくつかの種類がある。基本的には乗客がボタンを押すと停車のアナウンスが流れ、バスは停車、そして降車ドアが開く。

 例えばドアが開いている間に乗客が間違えてボタンを押してしまっても、再度ピンポーンが鳴るが動作は変わらないタイプと、同様の乗客誤操作に対し、何の反応もあらわれないタイプがある。

 そして乗客の誤操作時に音とボタン点灯が再度行われ、ドアがしまった際にボタン点灯が解除されるタイプと、大きく分けて3種類がある。

2004年製。文字プリントや表面傾斜角度に違いがある

音色は定着しているのであえて「ピンポーン」をいまも採用

 ボタンのサイズなどはJABIAにより規格化されているものの、取り付け個数や取り付け位置など、”独自性”にこだわりを見せる事業者も多い。

 しかしボタンを押した時に鳴る”ピンポーン”という音色には、独自性を主張してこないとのことであった。

こんな横型が流行った時期もあった

 ただし、特定路線用ということで、ボタンを押すとネコの鳴き声やほら貝の音色になるように変更をしたことはあるとのこと。

 技術の進歩により音色の変更は可能になったものの、ほとんどの乗客で「ボタンを押すとピンポーンと鳴る」というイメージが定着しているので、そこはあえて残したいという事業者様が多いとのことであった。

特定路線用にネコの鳴き声の設定も可能。ボタンにも特別感が与えられている

 海外の路線バスでも降車ボタンが設置されるケースはあるが、それはあくまでお報せボタンでしかない。

 しかし日本の路線バスの降車ボタンは、ボタンが光るという時点ですでにボタンの枠を超えた仕事をしているようなものとなっている。

発光部分に大きく文字が浮かび上がるタイプ

 しかも、さまざまな乗客のこと(体の不自由な人など)も考慮したきめ細かい対応は、まさに日本的”もの作り”の神髄といってもいいものであった。作り手に熱い気持ちがあるからこそ、降車ボタンに魅力を感じてしまうのかもしれない。

ボタンに記されたメッセージは「降車」ばかりではない

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ