【レビン トレノ タイプR ロードスター】 往年の1.6L“テンロク”スポーツの名車たち 13選


■No.009 ホンダ 初代CR-X Si(1984年登場)

1985年のマイチェン後のモデルは、ヘッドライトが固定式に変更

●どんなクルマ?

 1983年にセミリトラクタブルヘッドライトを採用したコンパクトスポーツとしてデビュー。ボディの一部にABS樹脂とポリカーボネートの複合素材を使用し、軽さを活かした切れ味鋭い走りを特徴とした。

 1984年にアルミブロックを採用したZC型と呼ばれる1.6Lの直4DOHCエンジンを搭載したSiを追加。最高出力130ps(グロス)を発生するこの1.6Lエンジンは、レビン/トレノに搭載される4A-GEと人気を二分していた。

●中古で探すと?

 登場から約35年が経過したモデルだが、なんと少ないながらも中古車はまだ流通している。価格帯は約80万~約225万円とさすがに高値。流通しているのはすべて後期型で、最も高額な物件は走行距離がわずか3万kmという極上の物件だった。こんな物件が令和になっても残っていたのが摩訶不思議。

■No.010 スズキ 2代目スイフトスポーツ(2005年登場)

3代目スイフトスポーツも、出力が向上した1.6Lエンジンを積む

●どんなクルマ?

 初代スイフトスポーツは、クロスオーバーSUVライクなモデルだったが、2005年に登場した2代目は2BOXスタイルの5ドアハッチバックに変わった。

 搭載されるエンジンはJWRC参戦を見据えて、M16A型と呼ばれる最高出力125psを発生する1.6L、直4DOHC。鍛造ピストンや可変バルブタイミング機構のVVTを採用するなど専用のチューニングが施された。足回りもチューニングが施され、国産車では数少ないホットハッチと言える。

●中古で探すと?

 2代目スイフトスポーツの中古車の流通台数は非常に豊富。しかも8割以上がMT車なので、MT入門車として最適だ。価格帯は約4万~約160万円と大変幅広いが、諸費用を含めた乗り出し価格50万円以下という格安物件も多く見つけられるのが魅力だ。購入後のプランに合わせてクルマを選ぶことができる

次ページは : ■No.011 マツダ 初代ロードスター(1989年登場)