【レビン トレノ タイプR ロードスター】 往年の1.6L“テンロク”スポーツの名車たち 13選


■No.011 マツダ 初代ロードスター(1989年登場)

●どんなクルマ?

 1989年に登場した初代ロードスターは、当時下火となっていたライトウェイトスポーツ人気を復活させた。その影響は非常に大きく、国産メーカーだけでなく、海外のメーカーへも2シーターオープンカーブームを波及させた。

 全長約4mのコンパクトなボディに当時のスポーツカーのアイコンであるリトラクタブルヘッドライト、そしてFRの駆動方式を採用。軽量で俊敏な身のこなしは非常に素直で、ドライバーのスキルに応じて人馬一体の走りを体験することができた。

 前期モデルは最高出力120psを発生する1.6L直4エンジンを搭載。マイナーチェンジで最高出力が10psアップした1.8Lへ変更された。

●中古で探すと?

 国産車のヴィンテージイヤーである1989年に登場したクルマのなかで、最も流通台数が多いのが初代ロードスターだ。価格帯は約15万~約320万円と非常に幅が広い。

 グレードでは1.6L、1.8Lともに標準グレードが最も多く、グリーンのボディカラーを採用した1.6LのVスペシャルが続く。

ナルディ製のウッドステアリングやタンカラーのシートなどで、よりクラシカルな雰囲気に仕上げられたVスペシャルの内装

■No.012 マツダ 6代目ファミリアGT(1985年登場)

ターボの4WDモデルは、スウェディッシュラリーの優勝から「雪の女王」と呼ばれることも

●どんなクルマ?

 1985年1月に登場した6代目ファミリアは、同年10月に当時テンロククラス最強の最高出力140psを発生する1.6L直4ターボエンジンを搭載するGTを追加。

 また当時日本初となるフルタイム4WD車を設定するとWRCに参戦し、スウェーデンラリーで見事に優勝を飾った。

●中古で探すと?

 今回調べたところ、ファミリア5ドアハッチバックの中古車はわずか9台しか流通していないが、そのうちの1台が6代目ファミリアGTだった。価格は約59.8万円。走行距離は10万km超だが、タイミングベルトは交換済みだった。

次ページは : ■No.013 いすゞ 3代目ジェミニイルムシャーR(1990年登場)