【元白バイ&高速隊警察官が暴露!】大きな声では言えない究極のナイショ話とは

 「警察・交通課のウラ話」、興味ありますか? 普段、あまり聞けない話だけにそそリますよね。

 ということで、話を聞いたのは元埼玉県警・交通課警部補の長野浩和さん。

 白バイ、白黒パトカー、覆面パトカーに乗り、交通違反取締りなどをやっていた方。もちろん、公開できる範囲で、深くたっぷりと語っていただきました。

 さて、どんなナイショ話が飛び出すのか?

文・まとめ/ベストカー編集部
写真/長野浩和 ベストカー編集部 有村拓真
初出/ベストカー2020年3月26日号

■語っていただくのは元埼玉県警・交通課警部補の長野浩和さん

長野浩和さんは白バイ隊員、自動車警ら隊でパトカー乗務、高速隊で覆面パトカー乗務などに従事し、50歳で退職。現在58歳(白バイ隊員は当時の写真)

【画像ギャラリー】スポーツカーのパトカーは警察官に人気がない!?


元白バイ隊員のナイショ話1:「制服もブーツも先輩のお古!?」

白バイに乗る長野さん

ベストカー編集部(以下BC) さっそくナイショ話をお聞きしたいと思います。まず、お聞きしたいのは、白バイは専用の車両が与えられるんですか?

元埼玉県警交通課警部補・長野浩和さん(以下敬称略・長野) そうです。

BC 白バイに使われるオートバイは、ホンダとスズキ、人気なのはどちらですか?

長野 (即答で)ホンダですね。30〜35年前、私がいた署ではスズキが配備されていましたけど、ホンダ2台分でスズキ3台が入ると噂されるほどホンダは少なく、ホンダが与えられると嬉しかったです(笑)。当時、マラソンの先導車はほぼホンダということでもわかりますけど、低速でも安定して走り、扱いやすい。それが人気の理由。今の両社のバイクの性能はわからないですけどね。

BC では、「おまえはスズキね」と上官から言われることも?

長野 ありました。新隊員は先輩のお古でスズキというのが定番(笑)。で、新車のホンダはまず先輩が乗る、という。

BC 白バイのあんこ抜き(シート位置を変える)など、自分好みにいじるのはOKなんですか?

長野 それはやってはダメです。白バイ車両はもちろん、制服でもなんでも「支給されたら、自分の体をそれに合わせろ」が決まりごとですから。

BC 制服までも!?

長野 はい。制服が合わなくなってきたら自分の体を合わせろ、と(笑)。きつくなればなにがなんでも痩せろ、と。

BC 制服も先輩から受け継がれるお古ということ?

長野 そうです。新しいものは先輩が着ますから。ヘルメットやブーツもそうで、先輩からのお古。ブーツは底がツルツルになってもなかなか新しいものをもらえない。先輩はすぐもらえるので同じサイズの先輩を見つけては「先輩、そろそろ新しいのに交換したほうがいいんじゃない?」とおねだりする(笑)。

BC 服は洗えばいいですけど、ブーツは匂いが……!

長野 そうです(笑)。本革なので洗えませんので……。

白バイ隊員は自分の「縄張り」を密かに持つ

警視庁「年頭視聞より」。ホンダ製が多い……

BC 白バイはほかの交通課の人より給料がいいのですか?

長野 四輪よりは走行などの面で危険が増すので、危険手当が1.5倍ほどいいです。

BC 白バイ隊員は”腕”によりランク付けされますか?

長野 どちらかというと取締り技術や検挙率が関わります。逆に検挙率が悪いと白バイを降りてもらうことも。「半年で検挙数はこれくらいか。才能ないんじゃないの? 希望者が多く、代わりはいっぱいいるから」と言われ(笑)。

BC 多く検挙すると……?

長野 表彰されます。「交通事故防止に寄与した」という名目の表彰ですね。「取締り指数」というのがあり、何件検挙したら1件の死亡事故を減らせる……というもの。警察の取締りは事故を未然に防ぐためにやっているわけですからね。

BC うむ、そうですよね! 白バイが交差点の角などで待機しているのを見かけますが、”いい場所”ということ?

長野 はい。縄張りではないけど「◎◎さんのポイント」というのがあり、検挙しやすい場所を押さえておく隊員もいます。暗黙の了解で、ほかの隊員はその場所では張れないという感じですね。 

BC 白バイが走る姿、夜は見ないですけど?

長野 夜の走行は禁止という決まりはないですけど、白バイ専門の勤務時間が基本的に8時30分から17時15分ですので。

BC 白バイ隊員はサングラスしている人が多いですよね。なぜ?

長野 眩しいからです。規定で警察官は仕事中、サングラスをしてはいけないけど、白バイ隊員は例外です。サングラスは支給品もあるけど、私物が多いですね。

BC 妙な質問ですけど、白バイ隊員は女性警官にもてそうですけど? イメージ的に。

長野 ハハハ……。そうですね、私がモテたかどうかは置いといて、総じてモテる傾向かも……ね(笑)。キャンペーンの時などでも白バイ隊員の青い制服でいくと、一般の人からの視線も、やや熱く感じていましたからね(笑)。

BC やはり。

元白バイ隊のナイショ話2:「飛ばすかを見極める」

BC ズバリ、速度違反車を捕まえるコツは?

長野 やはり、速度を出すクルマかどうかを見極められるかどうか、です。そこは白バイ隊員のセンスも重要です。

BC 具体的には?

長野 クルマを抜きながら速いクルマを探知するという感覚。勢いよく加速するクルマを探したり、そのクルマが飛ばしそうかどうかを見極める。

BC それはどこでわかるんですか?

長野 前のクルマとの車間が詰まっていたり、自分のクルマを左右に振ったりとか。また、頻繁に車線変更したりして、とにかく速く、前へ行きたい……という気持ちが表われているクルマ。それを短時間で見極めるのがコツです。その見極めが検挙数の違いに大きく表われますね。

BC 下手な人はボサッとして、飛ばしそうなクルマをスルーしている感じですか?

長野 ですね(笑)。飛ばしそうもないクルマにくっつき、張っていたりするから。「なんであのクルマにつくんだ?」と先輩から言われるんですよ。

BC いわゆるスポーツカーが走っていると、「狙い」を定めますか?

長野 それは……正直ありますね。でも、むこう(スポーツカーのドライバー)も気をつけていますから。慎重なところは慎重になりますよね。

BC 白バイは年間、どれくらいの走行距離になりますか?

長野 白バイはそれほど走らないです。距離を走っている隊員はそれだけ違反者を捕まえていない……ということなので(笑)。ず〜っと走り続け、探し回っているだけなので。距離ばかり稼いでいるんです。

 「走行距離が伸びる=仕事できる隊員」ではないんですよ。

BC 我々会社員と同じですね。ところで、伝説的な隊員のニックネームはあります?

長野 速い隊員は「マッハの健二」とかね(※健二は仮名)。私ですか? 高速隊の小隊長の時、結構厳しかったので、あとで聞いたんですけど「長野学校」とみんなに言われていたみたいです(笑)。ホワイトボードを使って事故調査の大切なところをほかの隊員へ伝えたりしていたので。

パトカーのナイショ話1:「GT-RもGTOもパトカーには不向き!?」

埼玉県警のR34GT-R

BC 1990〜2000年代、埼玉県警ではGT-Rの白黒&覆面パトカーを導入していましたが?

長野 ちょうど私の時、R32、R33、R34と次々と導入されて乗りました。それでR35が登場した時、埼玉県警はそれを入れてくれなかった……と(笑)。乗りたかったですね〜。

 ちなみに今栃木県警にはR35もNSXも白黒があります。で、32や33。夏、走行後、違反車を止め、キップを切っている間、エアコン吹き出し口から温風が出てくることが頻繁に(笑)。だから、キップ切っている間、ボンネットを開けていましたよ(笑)。これが思い出です。

栃木県警に配備されているR35GT-R

BC ほかの白黒よりGT-Rの白黒は警察仲間や一般の人からも注目が高かった?

長野 ですね。視線は感じました。でも目立ちすぎるのでGT-Rは白黒パトカーには向かない、取締りに向かないんです。だからみんな乗りたがらない。私が庶務をやっていた時、移動車としてGT-Rに乗ったほど(笑)。それだけ稼働が少なかったです。

BC GT-Rは取締りには不向きと?

長野 はい。後席が狭いので、違反した人を後席に乗せられないし。前席はバケットシートなので乗り降りも不便で(笑)。違反車を停めても、さっそうと降りられない。ヨイショと降りる感じね(笑)。覆面パトでセダンのGT-Rがあり、これは実用的。なので人気で、取り合いでしたね。

BC さらに、GTOの白黒もあったと思いますが、取り合いにはならなかったと?

長野 はい。GTOも目立ちすぎるし後席が狭いので、取り合うどころか不人気(笑)。RX-7の白黒もありましたね。これも狭くて不人気。前席も、ヘルメットをかぶるので狭いんですよ。

三菱GTOの白黒パトカー。写真は愛知県警のもの

BC では、白黒パトカーと覆面パトカー、取締りに行くのはどっちがよかったですか?

長野 それはもう(笑)、取締りしやすい覆面ですよ。だから、覆面は取り合いですよ。

 そのぶん、覆面は検挙数の目標数値が高いです。1当務(1チーム)で、1日30件が目標値なんですけど、白黒に対して覆面は2倍の目標値。なのでプレッシャーもありますよ。

逃げられたことは一度たりとて「ない」

覆面取り締まり中の警視庁に配備されているモデリスタマークXスーパーチャージャー(写真と本文は関係ありません)

BC その「目標数値」というのは「ノルマ」ということ?

長野 いえ、ノルマという言い方でなく目標です。数字はあるけど、前年にならったおおよその数字。白バイや高速隊は目標数値からかなりかけ離れていると降ろされる(配置転換させられる)。だから、彼らは自然と「検挙しなくては」という意識になるんです。

BC 覆面で取締りする時の注意点は? 赤色灯を出した瞬間、前のクルマが急ブレーキをかけることとか?

長野 それはありますね。急ブレーキかけられてもいいようにドライバーはそれを想定して準備しています。前のクルマの真ん中ではなく、左右のどちらかに位置どりして走ります。基本的な話ですが。あと、取締りの注意点は目立たないようにすること。

BC 大事です。例えば?

長野 具体的にはトラックの前を走ります。一番左側車線を走るトラックの前。後ろから走ってくれば、トラックの前は死角になり、見えづらいので。

BC 確かに死角になる。

長野 で、トラックのドライバーは、前のクルマの屋根に赤色灯が出る切り込みが見えるので、「このクルマは覆面だな。これ以上、スピードを上げないようにしよう」となる(笑)。だから、トラックはゆっくり走るので好都合です。

 そのケースが多くて、乗用車の間に紛れて走行する時もありますけどね。

BC では、「あ、俺、バレているかな?」と思う時は?

長野 あります。抜きながら、そのドライバーや助手席の人が覆面のほうを見ますので。まわりのクルマたちにあまりにもバレている状況なら、「流れが悪いから一度、降りるか」と高速を一旦降りて、またリスタートします。

BC 速度超過を計測する時は、赤色灯はつけないとダメなんですね?

長野 はい。ですので、計測する時間は「2〜3秒」です。速度が出ているので距離にすれば100〜200mほど。

BC あ! だから瞬時に計測され、検挙されるんですね。

長野 また白バイの場合はスイッチがひとつで、赤色灯をつけた瞬間に計測開始……と。計測する=赤色灯がつくということですね。

BC 追尾して逃げられたことはありますか?

長野 私も、仲間も速度超過で逃げられたことはないですね。一般道でも高速でも。

 それで他県にまたがる場合、高速道路は県境から50㎞まで追尾できる。県境に入った瞬間、無線で栃木県など他県の警察へ知らせる。一般道は2㎞ですね。そうやって他県と連携をとり、検挙します。

そのほかのナイショ話:「汚くしていると失格」

キップを切るとなぜか丁寧な言葉使いになるという (写真と本文は関係ありません)

BC 雨の日には、なぜ速度超過などの取締りをしないのですか?

長野 白バイの場合、路面が濡れて危険が増すということ。さらにバイクが汚れるし(笑)、隊員服も濡れて汚れるのでやらないですね。バイクはホイールの中の1本1本まできれいに拭いて磨くので。

BC そういえば警察の人は自分たちで洗車してますよね?

長野 警察署の庭などで、全部自分たちでやります。真冬? 寒くて嫌ですね。そんなこともあり、たいがいは若い人が洗車します(笑)。

 白バイを汚くしているとカギを抜かれて「おまえは乗る資格がない」と異動になる場合もありますよ。

BC 取締りの話ですが、一般道でバイクがクルマの脇をすり抜けていくことが多いです。取締れないのですか?

長野 明らかにクルマの前にバイクが入り、進路妨害とみなされる時は検挙します。信号停止中にクルマの前にバイクが入った場合も違反ですね。

BC 隊員仲間でも”一目置かれる”のはどういう人ですか?

長野 検挙件数の多い人。事故を未然に防いだということですから。また、定期的に行う運転訓練でタイムレースをやるのだけど、それが速い人は「おおっ!」と思われます。

BC 違反と注意の線引きを教えてください。

長野 例えば速度超過なら、計測がうまくいかず厳密な証拠がない、ということですね。

BC 停めたクルマの運転手が知り合いだと見逃すとか?

長野 絶対できないです。以前、捕まえたのが同級生ということもありました(笑)。「あれ、長野じゃないか」と言われても余計な会話はせず、黙って記入してもらいましたね。

BC 違反で検挙する時、警察官が丁寧な言葉遣いになるのはなぜですか?

長野 基本的に捕まえた人はこの先、反則金を払う流れになり、せめてもの……というわけではないけど、ここであえて厳しい言葉よりはねぇ、という感じですかね。

 逆に違反ではなく、厳重注意のドライバーに対しては、厳しい口調になりますね。

※   ※   ※   ※   ※   ※       

 みなさん、いかがでしたか? 警察の交通課のみなさんが働く現場はそうなのか!? と驚いているのではないでしょうか。いやあ勉強になりましたね。

 実は、話していただいた長野浩和さんは、現在、総合探偵社「ガルエージェンシー」(全国124拠点を展開)埼玉北の代表者になっています。

 50歳で埼玉県警を退職し、業界NO.1の調査力を誇るこの探偵社の代表です。調査依頼、受付中とのことでした。

■総合探偵社「ガルエージェンシー」埼玉北
■フリーダイヤル:0120-446-007 

【画像ギャラリー】スポーツカーのパトカーは警察官に人気がない!?