国沢光宏直伝! 愛車の燃費を伸ばす運転テクニック


回生ブレーキをフル活用すべし

 ハイブリッド車はブレーキのかけ方が大きく燃費に影響する。普通エンジン車と同じような強さ&タイミングでブレーキ踏むと、充分なエネルギーの回生ができない。

 回生だけでなく、油圧ブレーキもかかってしまうからだ。プリウスのように強力な回生能力を持つクルマですら、通常の強さでブレーキを踏めば油圧と併用になる。

 ということで停止するまで、可能な限りジンワリとブレーキかけていくこと。フルに回生できる目安は「チャージ」と表示されるメーターを見て欲しい。

 針が振り切れた時点で油圧併用になってしまう。3分の2くらいまでの範囲でブレーキをかけていれば、フルにエネルギーを回生できると考えていい。

寒さを少しガマンすれば燃費アップ

 アイドリングストップ付きのクルマは、冬場のヒーターの使い方も燃費に効く。アイドリングストップが始まる水温と、ヒーターが効き始める水温は違う。

 ヒーターのほうが高いのだった。したがってヒーターをオンにしていると、暖まるまでアイドリンストップしない。

 ということで冬場は寒いのを少しだけガマンし、エンジンが充分暖まってからヒーターを入れてやろう。

 10㎞以内の移動距離だと、これだけで5%以上違うこともある。ハイブリッド車や室内スペース広いミニバンは10%近く燃費が悪くなることも。

次ページは : ちょっと元気なほうが燃費はいい

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ