国沢光宏直伝! 愛車の燃費を伸ばす運転テクニック


ちょっと元気なほうが燃費はいい

 エンジンすべてに共通することなのだけれど、最も熱効率がいいのは「負荷を少しだけかけている状態」。

 つまり加速時でいえば「ふんわりアクセル」などと言われている交通渋滞や後続車のイライラを招くユルい加速でなく、エコランイメージより少しだけ元気のいいアクセルの開け方をして、早い段階で高いギアに入れ巡航状態に持っていたほうが効率がいいと思って欲しい。

 実際、JC08モード計測時に定められている加速など、ふんわりアクセルじゃまったく追いつけないほど速いのだった。それでもJC08燃費が出せるようになっている。

 むしろノロノロ加速していたらJC08の数値など絶対できないことを知っておきたい。

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ