アルファードが「威圧顔」のNO.1か!? オラオラ顔世界選手権開催!!


なりは小さくてもオラオラ顔の小型車部門

■小型車部門エントリー車
●トヨタGRヤリス
●プジョー208
●三菱ekクロス

大きな口を開けた姿が迫力満点のGRヤリス
ライオンの牙を思わせる左右のアクセントが特徴のプジョー208のフロントマスク
デリカD:5、ekクロススペースとともにダイナミックシールド顔となる、ekクロス

 ヤリスはまるでブラックバスが大きく口を開けたようなエラの張り。208は蜂顔(LEDデイタイムランニングライトはライオンの牙をイメージ)で、ekクロスは夢に見るような究極のオラオラ顔で、小さいながらに大健闘。オラオラ顔の乏しい小型車界で大いに気を吐いている。

★判定/ekクロスの勝利!

決定! オラオラ顔NO.1はこのクルマで決まり!

これら6部門の勝利モデルを列挙すると、こうなる。

●レクサスLM
●アウディQ8
●BMW7シリーズ
●シボレーシルバラード
●ホンダシビックタイプR
●三菱eKクロス

 このなかからオリンピック風に、メダルを授与させていただきます! ムリヤリだけど。

1位金メダル:レクサスLM
2位銀メダル:BMW7シリーズ
3位銅メダル:シボレーシルバラード

1位に輝いたレクサスLM。中国で販売されているが、日本導入は未定。しかし、これだけ面積の大きいグリルを持つクルマはかつて存在しただろうか?
2位は巨大なグリルが目立つBMW7シリーズ
3位はシボレーシルバラード。ワゴンRスティングレー系のフロントマスクにも似ている

 いかがだったでしょうか? なぜ? と言われたら、斬新さと大胆さを重視した、とでも申しましょうか……。みなさんにとってのオラオラ顔NO.1はどのクルマでしょうか?

【画像ギャラリー】こんなにおる? 世界のオラオラ顔車を写真でチェック!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ