コスモ サバンナ RX-7 ロードスター…「これぞマツダ!!!」の20台を選ぶ


■ルーチェロータリークーペの流麗なシルエット(松田秀士が選ぶ10台)

 1位ルーチェロータリーのシルエットは国産車とは思えない(ベルトーネデザイン)流麗さでロータリーのFFモデルというのも個性的だ。2位コスモスポーツは定番。3位サバンナはサーキットでGT-Rの連勝を止めた歴史に残るモデル。ボク自身ドライブ(一般道)したことがあるが電気モーターのように天井知らずのロータリーエンジンのパワーでコントローラブルなFRだった。4位AZ-1はよくもこんなクルマを作ったものだと手放しで拍手。6位ユーノス800はミラーサイクルエンジン、スーパーチャージャー、4WSなどこの時代に先進性てんこ盛り。8位RX-8は観音開きのドアを持ち、今のところ最後のロータリーエンジン搭載の個性的モデル。10位CX-8はSUVとしての国内上級車だ。

1位…ルーチェロータリークーペ
2位…コスモスポーツ
3位…初代サバンナ
4位…AZ-1
5位…ファミリアプレストロータリークーペ
6位…ユーノス800
7位…現行ロードスター
8位…RX-8
9位…アンフィニRX-7
10位…CX-8

■マツダのロータリーには常に驚きと憧れがあった(片岡英明が選ぶ10台)

 マツダ100年のなかで最も光る存在で、マツダのDNAとなっているのが世界初の2ローターロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツ。サバンナRX-7、アンフィニRX-7、3ローターのユーノスコスモなど、マツダのロータリーには常に驚きと憧れがあり、デザインも個性的だった。ロータリーを語らずしてマツダを語ることはできないから多くを選んだ。

 レシプロエンジンにも傑作が多い。その筆頭はNAロードスターだ。フルオープンのFRスポーツでハンドルを握るのが楽しい。新発想のSKYACTIV-Xや新世代ディーゼルを積むマツダ3も光る存在。そのご先祖のFFファミリアも日本の景色を変えた傑作。初代キャロルも画期的だった。読者目線の殿堂入りは暴れん坊AZ-1か!? 

1位…コスモスポーツ
2位…初代ユーノスロードスター
3位…初代サバンナRX-7
4位…マツダ3
5位…5代目ファミリア
6位…アンフィニRX-7
7位…初代キャロル
8位…ユーノスコスモ
9位…ユーノス500
10位…ボンゴフレンディ

次ページは : ■初代RX-7から「世界のマツダ」が始まった(国沢光宏が選んだ10台)

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ