“原点”たるスバル360に続くのは? 62年目スバルの殿堂入りモデル20車を決める


■第9位 初代フォレスター(1997年)

第9位 初代フォレスター(1997年)

 初代インプレッサとプラットフォームを共用するSUV。比較的低い全高と、低重心プラットフォームによる操縦性はSUVらしからぬものだった。

■第10位 初代レオーネ(1971年)

第10位 初代レオーネ(1971年)

 1971年のデビュー当初はクーペのみ。ff-1の販売終了に併せてセダンやワゴンなどのバリエーションを増やしスバルの基幹モデルとなった。

【画像ギャラリー】360はやはり原点にして絶対!!! ならば以下に続くクルマたちは? スバル“殿堂入り”20車をギャラリーでチェック!!!

*   *   *

次ページは : ■1500 360 1000 航空機メーカーが注いだ「個性」の系譜(松田秀士が選ぶ10台)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ