【レクサス、デリカ、NSX…】月販台数40台以下を記録してしまった車たちの声11選


■ホンダレジェンド 2017年4月販売台数20台

レジェンド

 いっぽう2017年4月、それまで低空飛行を続けていたレジェンドがついに20台という月販台数を記録。

 ホンダのフラッグシップがこの数字では“旗艦”も沈んじゃいますよ。渡辺さん、どうなんでしょ?

 「この場合もディーラーが売る気がないし、買う人もいない。ハイブリッドシステムをはじめホンダの技術を詰めこんだ一台で、確かに力を入れているモデル。室内は広いし質感はいいし、オーディオも凝っている。このクラスで680万円だからコスパもいい。

 でもそもそもの話として680万円のホンダを買う……という需要がないということだろうね。この価格のセダンならホンダに限らず、輸入車にいくのが実情でしょう。悲しいかな」

 なるほど。当のレジェンドさんはどう感じているのか?

 「以前は私だって大衆車に近い存在でしたよ。好きで680万円モデルになったんじゃないんだよ……。最新技術をこんなに盛られない身軽なクルマになりたいよ。はぁ~(深いため息)」。

 ちなみに2017年9月の販売台数は11台。大丈夫、あとは上昇するだけだ。

■ホンダNSX 2017年4月販売台数21台

NSX

 さてホンダのフラッグシップといえばNSXはどうか。こちら月販台数初登場の4月が21台。直近の9月は18台と実に厳しい。

 「このクルマは買えない、とみんな思っているので売れない。日本への割りあて台数が決まっているので、来年の受注もすべて終了。

 メーカーのWEBサイトには載っているけど、ディーラーWEBサイトには載ってないという変な状況で、ディーラーで“見積もりをお願いします”というと断られる(笑)。珍しいですよね」

 と渡辺氏もやや呆れ気味。「日本人をナメとんのかい、キー!」と日本猿も興奮中だ。

次ページは : ■マツダアクセラハイブリッド 2017年7月販売台数38台

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ