トヨタ、日産らが生み、愛し愛された「マイナー車」たちの長所と消えた理由7選


■マツダMSー8 1992〜1997年

MS-8

◎よかったところ

 マツダは好景気に乗り、1990年前後に販売系列を大幅に充実させた。従来からのマツダとフォード(オートラマ)に、ユーノス/アンフィニ/オートザムを加えている。

 この多系列販売戦略の中で生まれた姉妹車のひとつがアンフィニMS-8であった。マツダクロノス、フォードテルスター、ユーノス500、オートザムクレフと基本部分を共通化している。

 3ナンバーサイズの前輪駆動セダンで、ホイールベースが2610mmに達するから後席を含めて居住空間が広かった。

 またATレバーをインパネに装着して前席のシート幅と足元空間を広げるなど、セダンでありながら居住性を高める独自の工夫を施した。リラックスできる乗車感覚が特徴であった。

◎生産中止になった理由

 MS-8は多系列販売戦略の中で大量に開発された商品の中では優れていたが、販売戦略自体が失敗して売れ行きを低迷させた。もっと大切に売っていれば、セダンの主力商品になり、改良も受けて商品力をさらに高めただろう。

 特にリラックスできる内装のデザインには、20年以上を経過した今でも相応の魅力を感じる。失敗作で終わらせるのは惜しい商品であった。

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ