ムラーノ Z クルーガー… SUVブーム前夜に消えていった英雄たち

ムラーノ Z クルーガー… SUVブーム前夜に消えていった英雄たち

 続々と新型車が投入され、活気に溢れる最新SUVだが、振り返れば、クロカンから火が付いた1990年代のRVブームの最中では、新ジャンルを切り開こうと、各社から個性溢れるSUVが続々と投入されたことが思い出される。

 しかも当時は、クロカン色の強いタフなモデルから、なんちゃって仕様の街乗りSUVまで幅広い提案があり、どれもメーカーの開発者たちの遊び心が感じられたことが懐かしい。その姿勢が、スズキX-90のような型破りなクルマや、パジェロ兄弟などを生んだのだ。一見、華やかそうに見えて、実は堅実な現代では、こんなクルマは生まれない。

 そんな熱気あふれた時代の英雄たちを振り返ってみよう!

【画像ギャラリー】SUVブーム勃興前…その礎を作り上げた英雄車たち 26選

※本稿は2020年10月のものです
文/大音安弘、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年11月10日号


■いすゞ ミュー(1989年登場)

いすゞ ミュー

 ビッグホーンの弟分となる若々しいキャラの3ドアクロカン。デビュー時は、ハードカバー付きのクーペスタイルが大きな話題となった。実用的なワゴン仕様やAT車、力強いディーゼルエンジンの採用など機能性を向上し支持層を拡大する。キャンバストップなどの華やかな外装と比べ、内装は地味だった。

■マツダ プロシードマービー(1991年登場)

マツダ プロシードマービー

 1991年に、マツダがピックアップトラックを国内復活。そのワゴンがマービーだ。5mの大型ボディを活かした7人乗り仕様の本格派で、ワイルドなスタイルとタフなフレームを備えていた。

■日産 ラシーン(1994年登場)

日産 ラシーン

 パイクカーで一発当てた日産が企画したユニークなファミリークロスオーバーSUV。ドラえもんがCMを担当したことも話題に。今はカスタムベースとして大人気だ。

■日産 ミストラル(1994年登場)

日産 ミストラル

 都市にも似合う欧州風味の本格SUVとして’94年にデビュー。初代テラノをベースに、内外装デザインはイタリアの「イデア」が担当。欧州メインに開発されたモデルであり、欧州仕込みの足のよさも自慢であった。日本では、CMにピチカート・ファイヴが出演しお洒落感も演出。実は2ドア仕様もあった。

■スズキ X-90(1995年登場)

スズキ X-90

 コンセプトカーをそのまま市販してしまったのが、X-90。今のクーペSUVの元祖ともいえるスペシャルティクーペとクロカンのクロスオーバーであった。ただ大胆にも2シーターとしてしまったことも仇となり、日本では絶不調。新車時から幻の一台に(汗)。

■いすゞ ミューウィザード(1995年登場)

いすゞ ミューウィザード

 ミューの5ドア仕様という位置づけだが、実は北米向けSUV「ロデオ」の改良型である。全長とホイールベースが拡大されたことで、室内を拡大。尖ったミューに比べ、ファミリー色が強いが、こちらのほうがよく売れた。

■いすゞ ヴィークロス(1997年登場)

いすゞ ヴィークロス

 そのデザインは、まさに「やっちゃえ! いすゞ!」。ビッグホーン・ショートをベースに、モダンな専用外装とスポーティな内装に仕立てた。V6エンジンや電子制御トルクスプリット4WD、専用ダンパーなど走りにもこだわるなど、理想を追求したSUVであった

■ホンダ Z(2代目・1998年登場)

ホンダ 2代目Z

 ホンダ発の新ジャンルカー「Z」は、ユニークかつ贅沢な作りの軽クロスオーバーだ。ミドシップ4WDが理想的な前後重量配分50:50を実現。フロアはフルフラットかつ小型車に迫る広さを確保。ただ実用性なら、やはりライフが上。存在感を示せず消えていった。

次ページは : ■三菱 パジェロジュニア(1995年登場)

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ