市販化熱望! 『グランツーリスモSport』で乗れる幻の超スポーツカー8選


■日産 コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ

2014年7月登場。モータースポーツの故郷、イギリスの若手デザイナーがデザインを手がけ、日本の若手エンジニアたちによって魂を吹き込まれたビジョン グランツーリスモ。

メインコンパートメントから独立した前後のフェンダーが特長的で、ボリューム感と軽さを両立させた不思議なたたずまいを持つ。空力性能も優れており、時速300kmでおよそ400kgのダウンフォースを発生する。

パワートレインは、V6ツインターボにフロント2、リア1という計3つのモーターを組み合わせたハイブリッド。左右独立制御のフロントモーターが生み出すトルクベクタリングとアクティブサスペンションにより、超高速域でも不安のないコーナリングを生み出す。次期GT-Rとの共通性を探りたくなるモデルだ。

■スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ

2014年11月登場。同年3月のジュネーブショーで公開された「SUBARU VIZIV 2 CONCEPT」のデザイン言語を踏襲しつつ、よりダイナミックでソリッドな造形を織り込んだビジョン グランツーリスモ。その発想は、偶然デザイナーが見つけた鰹節の塊がモチーフになったという。

カーボン素材を多用することによって車重は1,380kgまで軽量化。パワートレインは、伝統の2L水平対向エンジンにフロント1、リア2という計3つのモーターを組み合わせたハイブリッドを採用している。

ジュネーブショーで発表された「VIZIV TOURER CONCEPT」を見ても、このビジョン グランツーリスモがスバルのデザイントレンドのど真ん中にあることは確か。ひょっとしたら、この2ドアクーペも意外な形で市販化されるかもしれない。

次ページは : ■トヨタ FT-1 ビジョン グランツーリスモ