ランクル GT-Rのトルクはどのくらい? ジャンル別「トルク王」選手権


■輸入車 No.1/ベントレー ミュルザンヌ(2015年・112.2kgm/1750rpm)

 イギリスの老舗メーカー・ベントレーのフラッグシップモデルが、トルク王選手権輸入車部門を制した。2015年日本発売の「スピード」はV8 OHVツインターボを搭載し、最大トルク112.2kgmととてつもない数値をたたき出す。

輸入車 No.1/ベントレー ミュルザンヌ(2015年・112.2kgm/1750rpm)

●Result
・日産 GT-R NISMO(2014年・66.5kgm/3600~5600rpm)
・トヨタ ランドクルーザー(2009年・46.9kgm/3400rpm)
・レクサス GS F(2015年・54.0kgm/4800~5600rpm)
・トヨタ グランエース(2019年・46.1kgm/1600~2400rpm)
・トヨタ GRヤリス RZ(2020年・37.7kgm/3000~4600rpm)
・ホンダ NSX(2017年・56.1kgm/2000~6000rpm)
・ベントレー ミュルザンヌ(2015年・112.2kgm/1750rpm)


【番外コラム】トルクNo.1はガソリンorディーゼルorEV?

 トルクを考える際にカギとなるのが“どこで最大のトルクが発生するか”だ。車体を効率よく加速させるためには、なるべく低回転域で大きなトルクが欲しいところだが、その点においてガソリンエンジンはやや不利。

 同じ排気量の内燃機関ならば、ディーゼルのほうがトルクが大きく、最大トルクも低い回転数で出る。そして電動モーターには、回転開始直後に最大トルクが得られ、高回転までトルクが落ちにくいという特性がある。

マツダ CX-8 XD(2020年)45.9kgm/2000rpm…2.2Lディーゼルエンジン搭載のCX-8 HDは、極めて高いトルクを誇る

【画像ギャラリー】座席に身体が張り付くほどの加速度に酔いしれたい! 絶品トルクを誇る7台をギャラリーでチェック!