グリル王日本車代表選手権!


■第1位:新型ランクル300/ついに王者アルファードを抜いた! 勝因は飛び出すオラオラグリル

威圧感が強いオラオラグリル 第1位:新型ランクル300
GR SPORTの専用フロントグリルもなかなか威圧的だが…

 アルファードに比べればオーソドックスなグリルだが、前述のように周囲の頬ひげグリルとのコラボレーションがすばらしく、その威圧感はタダモノではない。まだ猛烈に珍しいこともあり、街中でたまたま見かけると、怪物級のインパクトがある。

 その源泉は、標準モデルのメッキグリルの持つ立体感、凹凸感だ。オラオラミニバンの帝王・アルファードと比べるとわかりやすいが、グリルの出っ張り感がケタはずれなのだ。まさに「飛び出すオラオラグリル」。またしてもトヨタ様に一本取られました。

写真ではオーソドックスに見える標準仕様だが、横一直線のグリルには結構な凹凸がある。実物とのギャップはGR SPORT以上

【画像ギャラリー】新型車のフロントグリルをランク付け!! 見事1位に輝いたのは?