受け付け終了まであと4カ月!! WRX S4 tSがベンチマーク、BMW M240iと対峙する

 WRX STIの2ペダル版ともいえるWRX S4にあの「tS」が2017年3月12日までの受注期間限定で登場。さっそくベストカーではそのS4 tSがベンチマークとした、BMW M240iクーペと徹底比較。BMWにどこまで迫れるのか!? もしやBMWを追い越している!? 鈴木直也氏のインプレッションをお届けしたい。
文:鈴木直也/写真:小宮岩男


S4 tSはS207のマイルドバージョンではない

 スバルには熱狂的なファンが多いのは有名だけど、驚いたのは昨秋に出たS207が瞬時に400台完売したこと。そりゃ内容は史上最強といっていいすばらしい出来だったけど、ベースモデルでほぼ600万円ですよ。これがアッという間に売り切れちゃうんだから、「スバルファンはすげぇ…」ホントそう思った。

 こういう「イイものを作ればユーザーは評価してくれる」というサイクルがうまく回り出すと、作り手側にもある種の自信が生まれてくる。その好循環の成果が、今回試乗したWRX S4 tSといえる。このS4 tS、ざっくり言えばリニアトロニック(CVT)仕様のS207なのだが、コイツを単なる幅広いユーザーに向けたS207のマイルド仕様と思ったら思慮が浅い。

 クルマのキャラクター付けも、ビジネスとしても、よりチャレンジングな企画だと思う。S207の究極のパフォーマンス志向は、コアな〝スバリスト〟に向けたメッセージが明確。これを買うユーザー層がハッキリ見える。でも、そういう人たちは究極志向ゆえにCVTは選ばない。S4 tSがターゲットにしているのは、欧州プレミアムスポーツに乗っているような、もっとカジュアルなユーザー層。こういうライバルからスバル愛の薄いユーザーを奪ってくるのは、S207を400台売るよりはるかに難しい。

dx2_1731

足回りの熟成が進むS4

 今回はS4 tSが開発ベンチマークにしたというBMW M235クーペの改良型のM240iクーペと乗り比べてみたのだが、大健闘なところもあれば、まだまだという部分も多々あり、STIとしても「まだ手探りの段階」というのが正直な感想だった。

 特筆すべきS4 tSの魅力は、まずなんといっても足回り。ビルシュタインのダンプマチック2を装着するなどS207に準じる贅沢なスペックを、乗り心地にも配慮して入念にチューニング。その結果、ハンドリングと乗り心地の上質さは、定評のあるBMWと比べても甲乙つけ難い水準に仕上がっている。

 いちばん痺れたのは、基本的に決してソフトなセッティングではないのに、小さな段差の凸凹でもまるで舐めるようにスムーズに足が動くこと。この部分だけで500万円という価格も納得。そういっても過言じゃない絶妙の乗り味が表現されている。

5d3_0305

ボクサーエンジンは至宝シルキーシックスに迫れるか?

 いっぽう、パワートレーンの官能性能では、たとえスバルファンでもBMWの実力を認めざるを得ない。3L直6ツインターボのスムーズな吹け上がりとターボとは思えないリニアなトルク感は、MTでもATでもまさに「駆け抜ける喜び」そのもの。

 CVTと組み合わせるためS4 tSのエンジンは基本ほぼノーマルだから、ここは率直にいって完敗だ。ただ、S4 tSがあえてCVTを選んだのは、アイサイトなど先進安全機能をフル装備するため。

 M240iはこの分野はアッサリしたものだから、スポーツモデルでも安全性能には妥協しないというスバルの姿勢も大いに評価すべきと思う。ご存じのとおり、インプレッサはすでに新型が発表されているから、このS4 tSは旧プラットフォームの集大成ということになる。それを考えると、旧型でここまでBMWに迫ったという事実はすごい。

 ちょっと気が早いかもしれないけれど、新型プラットフォームをベースとしたSTIのプロダクツは、さらに恐るべきポテンシャルを見せてくれるんじゃないでしょうか?
dx2_1629dx2_1717

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ