ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」をデトロイトショー2017で世界初公開

 

来年(2017)年1月に開催されるデトロイトショーで、北米向けの新型「オデッセイ」が世界初公開されることが発表された。およそ6年半ぶりのモデルチェンジで、北米では5代目となる。

文:WEBベストカー/写真:HONDA

 

 


 

新型「オデッセイ」のスケッチが発表

毎年1月に米国 ミシガン州デトロイトで開催される「年北米国際自動車ショー」。今年のプレスデーは2017年1月9日~10日、一般公開日は1月14日~22日の予定となっているが、そこで新型「オデッセイ」が世界初公開される。

今回公開されるのは、北米仕様の5代目「オデッセイ」だ。もともと1994年デビューの初代オデッセイは北米向けも日本仕様と同じだったが、1999年の2代目からは専用モデルとなっている。日本仕様よりひとまわり大きなボディを備え、日本へはかつて「ラグレイト」として輸入されていた。

北米でのオデッセイは、6年連続でミニバンとして販売台数1位を獲得するほど好調で、新型も成功が求めらる重要なモデルだ。

およそ6年半ぶりとなる今回のモデルチェンジ、詳細は未発表ながら新しいエクステリアデザイン、パワートレーンを採用することが発表されている。また、ファミリーユーザーを満足させるパッケージングや先進的な安全運転支援システムも装備し、上質な走りと使い勝手を兼ね備えたモデルとなるという。

なお、発表当日のプレスコンファレンスの様子が、下記ウェブサイトにてライブ中継される予定だ。

ホンダ プレスカンファレンス: 2017年1月9日 12:00~12:25(現地時間)
http://hondanews.com/

 

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ