フリード/フリード+試乗 大好きです! テリー伊藤のお笑い自動車研究所 #527

いやいやいや! 買おうと思っていたんですよ! フリード! 先日私ね、あのハスラー買ったんですよ。その時、迷っていたんです。どうしようかなぁ、もうすぐフリードでるしなぁ……と。でも、がまんできない! 渋々、車庫の関係でですね、ハスラーにしてしまったんですけど、フリード、大好きです。

ベストカー2017年1月26日号


日本向けの「ちょうどいいサイズ」が魅力

今号の「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」では、フリード/フリード+を紹介する。フリードの魅力はなんといっても、5ナンバーサイズのちょうどよさ。海外市場ばかりを見て大きくなる一方の国産車だが、新型フリードはキープコンセプトで登場。テリーさんも「買いたいな」と思うモデルに仕上がっている。

新型のフリードシリーズは、これまであったスパイクが廃止され、フリードとフリード+のラインナップとなっている。外観デザインの違いは殆どなくなり、フリードが3列(6人乗り/7人乗り)、フリード+が2列シート5人乗りという内容になっている。

エンジンは1.5Lのガソリンもしくは、1.5Lガソリン+モーターのハイブリッドの2本立てだ。今回、テリーさんが試乗したのは、ハイブリッドのフリードとガソリンエンジンのフリード+。さて、テリーさんはどう評価するのだろうか。フリードとフリード+の違いも含めて、動画で見ていこう!

・フリード&フリード+ 188万~274万8200円

ベストカー本誌の記事も合わせてお楽しみください。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ