個性をさらに強くする? C-HRのカスタムパーツが続々デビュー

強烈な個性を発揮するトヨタC-HR。そのエクステリアはかなり押し出しが強く強烈なものであるが、どうしてもほかのオーナーと同じだと気が済まないカスタム好きも多いはず。発売直後ではあるがさっそくTRDとモデリスタからカスタムパーツが登場。さっそく、C-HRのカスタマイズを見ていこう。
文:WEBベストカー編集部/写真:西尾タクト、TRD、モデリスタ


TRDはふたつのバリエーション展開!!

トヨタのモータースポーツシーンを支えてきたTRD。今回のC-HRのドレスアップパーツは2つのイメージを打ち出してきた。ひとつはオンロードでのクロスオーバーをイメージした”Aggressive Style(アグレッシブスタイル)”、もういっぽうはオフロードでのシーンをイメージした”Extreme Style(エクストリームスタイル)”だ。

【Aggressive Style】

エアロはセット販売と単品販売がある。セットはフロントスポイラー、サイドスカート、リアバンパースポイラーのセットで、フロントバンパーのLEDの有無で価格が異なる。LED付きで17万8200円(未塗装16万8480円)、LEDなしが14万400円(未塗装13万680円)だ。ホワイトパールクリスタルシャイン、メタルストリームメタリック、ブラックマイカ以外の塗色は未塗装キットに別途塗装費用が必要となる。

【Extreme Style】

 

Extereme Style はオフロードをイメージしたエアロパーツの設定。オンロードユースがメインのクロスオーバーとして設計されたC-HRながら、やはり本格的オフローダーの佇まいも似合う。こちらは単品販売のみの設定だ。

・フロントスポイラー  3万8880円
・オーバーフェンダー 8万6400円
・マッドフラップ 3万2400円

“Aggressive Style”も”Extreme Style”も写真と同じ仕様にするにはホイール、リアウィングなど20〜30万円程度のパーツが別途必要になるが、すべてをコーディネートすることで一体感が生まれること間違いなし。

その他にも注目パーツはモーションコントロールビームとよばれるパーツ。車両の微振動などを吸収して四輪の接地感を高めるボディダンパーともいえるパーツだ。アイシン精機の開発でこちらの価格は8万6400円。シャシー剛性の高いTNGA第2弾のC-HRだから、より一層その効果を感じられるはずだ。

MCBは小さいながらも効果的なパーツだ。前後のレインホース内に設置する

次ページ:モデリスタの作り込みはいかに?

最新号

ベストカー最新号

ニッポンの新しいクルマ77台総力特集|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ニッポンの新しいクルマ77台総力特集と題し、ベストカーが把握している日本の新車をすべて紹介する!!  また、ももいろクローバーZの名物マネージャー、川上氏の不定期連載には、なんとももクロメンバー…

カタログ