2000円台で憧れのクルマを手中に? トミーテックが新作発表

2000円台で憧れのクルマを手中に? トミーテックが新作発表

ミニカーは欲しいけど、オモチャでは満足できないし、かといって本格的なスケールモデルは高価すぎる。そんな人にピッタリなミニカーを紹介しよう。今回トミーテックが発表したのが同社の1/43と1/64スケールの新作ミニカーたち。2000円台から買える精密モデルの数々は、きっと所有欲を満たしてくれること間違いなし!! 開発陣のこだわりとともに同社の新製品を紹介しよう。

文:WEBベストカー編集部/写真:西尾タクト



トミカは「オトナ仕様」に進化中


クルマ好きなら一度は手にしたこともあるのがトミカ。450円で子どもも遊べる安心のミニカーだ。しかし、ディテールなどはかなりデフォルメされていて、大人から見るとやや物足りない。

そこでトミーのグループ企業のトミーテックでは「オトナトミカ」を目指して"TOMICA LIMITED VINTAGE"シリーズを充実。これは1/43と1/64スケールでハイクオリティなミニカーをリーズナブルな価格で提供するシリーズだ。もともと同社は主力商品の鉄道模型を開発してきたことから、そのディテールへのこだわり、そして再現度はかなりのものだ。

さっそく今回発表になったマニアックな新作を見ていこう!!


トミーテックといえばその鉄道模型ブランド"TOMIX"が有名。このディテールならミニカーも期待大!!

マツダロータリー50周年に向けて……


マツダのロータリーエンジンが2017年に50周年を迎えるのにあわせ、トミーテックではマツダコスモスポーツを製作。今回はモックアップ状態で展示された。

ロータリーエンジンの50周年記念モデルということで、ボンネット下には珠玉の10A型ロータリーエンジンを再現。ボンネットも「当然」開閉式にしたというこだわりだ。さらにここだけ情報としてル・マンを制したマツダ787Bも開発中ということだ。

コスモスポーツはマツダがレストアした1台を忠実に再現しており、前期型のボディに後期型のホイールという点もマニアにはたまらないこだわりだ。

コスモスポーツは5月発売予定。1/64スケールで予価2800円。


このテスト製品段階でかなりの完成度。開発者がマツダファンとのことで気合いの入れ方もひと味違うようだ


リアからのスタイリングも完璧。ホイールだけ後期型というのもモデル車同様だ

日本のスーパースポーツも最新型に


日本が誇るスーパースポーツといえば日産GT-R。2017年モデルが登場して久しいが、ミニカーの世界でもマイチェンを敢行。2017年モデルに特徴的なバンパー、ホイールなどを忠実に再現。

同社開発担当者によると「GT-Rというクルマはとにかく売れます。景気が悪くても、GT-Rは売れるんです。それだけ多くの根強いファンがいらっしゃる車種なので、かなり力を入れて開発しました」とのこと。

同社ではすでに2014年モデルも販売しているが、年式違いで揃えるのもなかなか楽しそうだ。5月発売予定の1/64スケールで予価2600円。


特徴的なグリルやバンパーを忠実に再現。3Dプリンターでベースを作るが、造形段階で人の手を施さないと違和感が出てしまう


リアはマフラー周りなどの2017年モデル特有の造形を再現

次ページ:懐かしのあの時代を再現

1980年代にプレイバック!! プレリュードとカローラに新仕様


いやはや、この時代のプレリュードとカローラとは渋いチョイス。実は1980年代のシリーズはかなり人気ということで、メーカーとしてもかなり気合いが入っている様子。

さらに開発を困難にするのが、1年だけの限定色、地域のディーラーだけの限定グレードなどかなり細分化されているのが1980年代の特徴だという。今回のモデルは逆に細かすぎる設定を逆に使って、バッチリとそれを再現するというのが狙いだそう。

写真のプレリュードもボディ色はSi専用色のクレモナオリーブメタリックを用意するなどマニアックなこだわりが炸裂している。このほかにもE90系のカローラ1600GT、ブラックGT205もラインアップ。どちらも5月発売予定で、予価はすべて2300円。


2Lになったプレリュードは1.8L車とは異なったルックスで人気だった。専用色を用意するあたりはさすがのひと言

働くクルマもお任せあれ


先日JPN TAXIの記事を公開したが、これまで日本のタクシー業界を支えてきたクルマの1台が日産セドリック。そのなかでもY31セドリックは1987年の発売開始から2014年の生産終了まで27年も作られ続けた名車だ。さらにドライバーから恐れられる覆面パトカーの代表車種としても有名。

今回3月に発売予定と公開されたのが1/43スケールのY31。タクシー2種、覆面パトカー、白黒パトカーの4台構成。今回のモデルは前期型を再現しており、丸目4灯の愛らしい表情も楽しめる。気になる最後期型についてはピラーの太さなども違うためすぐには難しいが、製品化したいとのことだった。予価は9200円で3月に発売予定。


前期型の特徴でもある左右異形のフェンダーミラーも再現。タクシーは写真の東京無線以外に日本交通仕様もある


覆面パトカーの代名詞のY31。ダブルミラーなども再現している


Y31は営業車と乗用車で足回りは違う。手前の覆面仕様は乗用車ベースなので4輪独立懸架。見えないところこそバッチリ仕上げるあたりに職人魂を感じる

 

最新号

ベストカー最新号

早くも! 2019年 超大物スクープを捉えた!! ベストカー 2018年2月10日号

 ベストカー最新号(2/10号)が、1月10日に発売。今号は、間もなく開催する東京オートサロンの主役をどこよりも早く大公開! トヨタが繰り出すハイブリッドスーパースポーツを始め、いよいよ復活への...

カタログ