NSXを300km/hの世界に誘う 未明のテストで山野哲也が乗る!!

NSXを300km/hの世界に誘う 未明のテストで山野哲也が乗る!!

2370万円の価格で登場したNSX。その約半額のGT-R、そして価格帯が近いポルシェ911ターボ。この3台で最高速を比較したい、というのはクルマ好きの関心があるところではないだろうか。国産最強王者GT-Rはまた王座に輝くのか、はたまた新参NSXがトップに躍り出るか? 300km/h付近の限界速度域でマイスター山野哲也がインプレッションをお届け。

文:ベストカー編集部/写真:小宮岩男



冬の夜の協奏曲が茨城に轟く


満天の星空だが、この時期にしてはやや気温が高いこともあり、周回路には薄くモヤがかかりオレンジ色の照明を滲ませる。テスト会場のJARIは幻想的な雰囲気すら漂う。視界を遮るほどではないが、冬場の茨城県では早朝の濃霧がしばしば発生する。この先濃霧となれば最高速テストは中止せざるを得ないため気が気ではない。

前回のテストでGT-Rはメーター読み301km/h、GPS実測292.19km/hをマークしている。2017年モデルになり最高出力は20‌psアップし、動力性能は高まっている。NSX、ポルシェ911ターボなど今回の最高速テストは300㎞/hを超える可能性の高いクルマたちだけに、コースのコンディションにも細心の注意を払わなければならない。

まずは動画をご覧いただこう。

https://youtu.be/nj5NXgWDWnA

国産代表GT-Rは記録更新なるか?


テストドライブを担当する山野哲也はGT-Rに乗り込み、ゆっくりと周回路へと走り出した。コースの状態、クルマのコンディションを入念に確認している。5分ほどの時間をかけてスタート地点にGT-Rはスタンバイした。ヘッドライトの光束がグッと天を向いて一瞬の後に“シュバババ!!”と400m地点付近でテストを見守るスタッフの元に猛烈なエンジン音が響いてきた。

……と同時に、本当に一瞬の間に400m地点を走り過ぎ、1000m以上先のバンクにテールランプが消えていく。ほんの1分半程度の時間だろうか。ずいぶんと長くも感じられたし、あっという間のようにも思われた。スタート地点奥のバンクをヘッドライトが照らす。

「速い……」

“グォォォォォ”という空気を切り裂く音しか聞こえない。ストレートエンドで丸4灯のブレーキランプが明々と灯り再びバンクに消えていく。

「GT-Rはメーター読みで303km/hを確認しました」。

そう語る山野哲也の表情はいたって冷静に見えた。王者GT-R、とりあえず300km/hを超えてきた。GPSでの実測値は295.77km/h。マイナーチェンジ前を3.5km/hほど上回る記録だ。


次ページ:911ターボ&NSXの最高速はいかに?



ドイツ代表911ターボSは驚異のスピード域に


続いてポルシェ911ターボに乗り替える山野選手。同じようにゆっくりとコースを一周してスタンディングスタート。明らかにGT-Rよりも速く400m地点を通過し、バンクへと突入していく。次の周回、ストレートを走り去る音はGT-Rよりも静かだが、目に見えて速度が高い。

「911ターボはメーター読み317km/hまでは確認した。明らかにGT-Rより911ターボのほうが速い。バンク内は250km/h程度で走るが、GT-Rは路面の小さなうねりを捉えてバウンシングするためどうしてもやや速度を抑えざるを得ない。しかし911ターボは綺麗にいなしてドライバーに不安な動きを感じさせない。

だから安心してバンク内でも速度を上げていける。GT-Rでは250km/hが限界だとしたら、911では260km/hで回れる。ストレートに向けてアクセルを踏んでいくのだが、そこからの伸びも911ターボのほうがスムーズでグイグイ速度が伸びていく。エンジンパワーというよりも空気抵抗の差という印象」と山野哲也は解説する。

ポルシェ911ターボSはGPS実測値で308.49km/h。GT-Rより10ps大きい580psの大パワー、そして空気を味方につけた結果ともいえる。


注目のNSXはいかに?


さあ注目のNSXだ。山野哲也はコックピットに収まり丁寧にポジションを調整する。

「ステアリングの上下、テレスコは調整代が大きく、またレバーの動作感もしっかりしていて合わせやすい。GT-Rはレバーのロックがしっかり掛かったかがちょっと不安。

300km/hの領域でステアリングが不意に動いてしまったら大変なことになるので、こうしたクルマではとても大切なこと。911ターボは電動調整で緻密なアジャストができたのがよかった」

スタート地点に向かう間、何度かコース上に停止してスタートダッシュのシミュレーションを繰り返す。どのタイミングでブレーキをリリースしてアクセルペダルを全開にするのがベストなのかを探っているのだ。

今どきのモンスタースポーツのゼロヨン発進では派手なスキール音などいっさいしない。4輪で路面をガッチリと掴み取り、カタパルトから射出される戦闘機のごとく一瞬で速度を乗せる。

「前輪のモーター駆動はあまり感じない。リアから押し出すようなエンジンパワーで走っている印象。バンク内は911ターボのようなビシッとした安定感は感じられず、路面の小さなうねりに対する動きはGT-Rよりもシビアに伝わってくるため、どうしても踏み切れない。

GT-Rよりも5km/h程度抑えざるを得なかった。バンク出口からストレートに向けての加速は、GT-Rよりも空気抵抗の小ささは感じるものの、圧倒的なエンジンパワーでグイグイと速度を引き上げていく感覚はGT-Rには敵わない。

それでもメーター読みで302km/hまでは確認できたので、最高速はほぼ同じだろう。ただGT-Rのほうが心理的余裕があった」とNSXを降りた山野哲也は評価した。

実際にNSXはGPS実測値で295.77km/hとGT-Rに次ぐ3番手タイム。挙動はGT-Rのほうがマイルドということもあり、安心感はGT-Rに軍配があがったようだ。

最新号

ベストカー最新号

早くも! 2019年 超大物スクープを捉えた!! ベストカー 2018年2月10日号

 ベストカー最新号(2/10号)が、1月10日に発売。今号は、間もなく開催する東京オートサロンの主役をどこよりも早く大公開! トヨタが繰り出すハイブリッドスーパースポーツを始め、いよいよ復活への...

カタログ