【水野和敏SPECIAL】「内外装を入念に見れば、クルマの8割はわかる」

【水野和敏SPECIAL】「内外装を入念に見れば、クルマの8割はわかる」

少し離れたところからじっくりとクルマを眺め、次に近づいてボディ各部の処理を丹念に検証。そこから水野氏の試乗は始まる。

本記事では、1月23日に発売された「ベストカー水野和敏SPECIAL」の「水野の乗り方」企画より抜粋し、水野氏がどのようにクルマを評価しているのかをお見せする。

『ベストカー水野和敏SPECIAL』より



 大事なのは「どのカテゴリーで何にプライオリティを置くか」


クルマを評価する時に大切なのは、まず乗ることより「見る」ことです。

内外装を入念にチェックすることで、どのくらいのレベルの開発がされているのかがほとんどわかります。

クルマはいかに効率よく、必要最小限のサイズで多くの求められる要件を満たすか? これが開発したメーカーやエンジニアの能力レベル。サイズやスペースを大きくすればなんでもできます。しかしそれは素人チック、誰にもできること。

なかにはデザインのためだけに100mm以上もムダなスペースを使っているコンパクトカテゴリーのクルマもありますが、大事なのは「どのカテゴリーで、どんなことにプライオリティがあるか」です。

例えば「贅沢の美学であるスポーツカーなら、多少駄肉でも情緒的デザインのためにある程度の寸法は使うが、使いやすさが大切なコンパクトカーなら徹底的に効率を求める」などです。

クルマはアートではなくユーザーのライフスタイルを演出し、創り出す工業製品なのです。

このケイマンも、実は少しムダが見られます。フロントにはエンジンがないのになぜこんなに長くする必要があるのでしょうか?

おそらくフロントは911とほとんど共通なのだと思いますが、ケイマンはリアエンジンではなくミドシップ配置なので後ろを詰めているのに前は長いままです。

横から見ると頭でっかちで前にお辞儀して見えてしまいます。もう少しフロントオーバーハングを詰めたほうがバランスはよくなるでしょう。

デザインの前後バランスというのは、前と後ろの重量感と言い換えることができます。

ケイマンは前が重そうに見えるので、ミドシップというよりFFに見えてしまうのです。その結果、911ほどの車格感もステイタス感も出ないのです。


鮮やかなブルーが青空と富士山ともよく似合うケイマン。水野氏は「もう少しフロントオーバーハングを詰めたほうがバランスはよくなる」と厳しく指摘

 ボディの各所を見ると「空力」の良し悪しもわかる


しかし、ボディの各所を見ていくと、さすがにポルシェは空力をよく知っていることがわかります。

クルマの空力で大切なのは上、下、横に空気を分離させ、その分離した空気をぶつからせないこと。

空気と空気がぶつかると渦ができ、それが負圧となって抵抗になります。

ボディを滑らかにして空気を後ろに流すだけでなく、多方面から流れてくる空気をどう処理するかが重要なのですが、このクルマは実にうまく処理していることがわかります。

ただし、ケイマンSのCd値は意外と高く、0.32もあります。空気抵抗が少なそうなデザインに見えますが、実は最近のメルセデスベンツのように、立ち気味で、四隅が四角く張り出し気味のフロントマスクのほうが、上下・左右の空気の流れを分離しやすく、抵抗値が低く、クルマを持ち上げるリフトも減らせるのです。

おそらくポルシェの開発陣もこれが空力的に素性のいいデザインでないことはわかっているはずです。しかし、ポルシェの角張った顔はお客さんが許さない。

お客さんの思い込んだブランドイメージは時として縛りつけになりますが、それはメーカーへの期待値でもあるわけで裏切れません。

そんなハンディを背負いながら、造り込んでいくのがポルシェの仕事といえるのでしょう。


ひと目でポルシェとわかるケイマンのデザイン。空力的には不利になる形だが、そのハンディを背負いながら作り込まれていると水野氏は指摘する


ボディの面構成や色の使い方を見ると、デザインセンスがわかる


デザインでいえば、ケイマンは面の表情の造り方も相当高いレベルにあります。クルマの表面のデザインにはベースとなる面の造り(素顔)と演出するためのキャラクター(化粧)というふたつの要素があります。

多くの日本車は、キャラクターはあるけれど面の変化がほとんどありません。ボディの面に表情がないと単なる鉄板にしか見えません。

それをひとつの彫刻の塊のように見せるのがデザイナーの腕で、欧州には面が三次元構成され、面自体に表情があるクルマが多いのです。

いい面というのはセンスが必要で、単なる学びではできません。この差がデザインセンスの差なのです。

また、こういうところも大事なのですが、ケイマンの黒には色が2種類しかありません。ワイパーアームの黒とモールの黒がぴたりと合っていて、ほかの部分の黒も統一されています。

日本車はミラーの黒、ワイパーの黒、カウルの黒、プリントの黒など、同じ黒でもすべてがバラバラで何種類もの黒色があるということがよくあります。それできれいに見えるわけがありません。

このクルマはボディ色の明るいスカイブルーを演出するために、黒が文字どおり黒子に徹して、メインの塗装色を際立てているのです。これもデザインセンスというものです。


ボディの面構成や各パーツの色遣い。そうした部分をじっくり観察することから水野氏の評価は始まる

 “パーティング”処理を見れば、ボディの技術や精度の高さがわかる


こうしてエクステリアを見るだけで、どれだけ賢さを盛り込んでいるかがわかります。また、フラッシュサーフェス(段差が少なく面一に近い状態)やパーティング(パーツとパーツの隙間)の処理がどこまでできているかでボディワークの技術や精度の高さもわかります。

ボディの建て付けが悪いと、とてもこのケイマンのように小さな段差や隙間にはできません。

ポルシェはドアの建て付け精度もとても高いのですが、それは鋳物で剛性の高いヒンジを使っているからです。日本車はプレスで剛性のないヒンジを作ってしまうので、パーティングを大きく取る必要が出てきます。

エンジンマウントやドアのヒンジなど、一個一個の主要構造体の結合部材はとても大切。ポルシェのようにこれだけのパーティング寸法でボディを造れるということはモノコックなどの剛性が高く、乗った時のソリッド感が高いことが容易に想像できます。

このように、走らなくてもエンジニアのレベルとクルマの素性が8割くらいわかるのです。


内装を見ればデザインした人の能力を見抜くことができる


次にインテリアを見てみましょう。ここでも黒がすべて統一されています。そのおかげでアルミやレザーが引き立つのです。

また、カドにRをつけて、材質の違うパーツを切り離しているのもケイマンのインテリアの特徴です。こうすることで各材質の役割の違いを明確にしています。

ここを平たんに隙間なく単純にくっつけてしまうと同格に並んでしまい、材質としての演出の変化がなくなってしまいます。

ポルシェは部品を寄せ集めているのではなく、それぞれひとつのソリッドな塊として脇役と主役を分け、さらに主役のなかでも光沢のあるものとないものが独立して存在しているように見せる工夫をしているのです。

これも造り手のセンスであり、そこを見ればそのクルマをデザインした人の能力が見抜けるのです。


インテリアに関する“水野理論”も興味深い。水野氏はエンジニアの視点から内装の統一感や材質などをチェック。こうしたきめ細かな視点が、水野氏ならではの評価を形作っている


ベストカーの誌面やベストカーWEBの動画を通じて行われる綿密な「水野評」は、このようにして生まれています。

「水野氏のテストドライブは入念にクルマを“見る”ことから始まる」

続きは「ベストカー水野和敏SPECIAL」(A4判、オールカラー、税込842円)の誌面をぜひご覧下さい。