アウトランダーPHEVがマイナーチェンジ 3つの「イイネ!」とは?

アウトランダーPHEVがマイナーチェンジ 3つの「イイネ!」とは?

SUVのプラグインハイブリッドとして圧倒的な完成度を誇る三菱アウトランダーPHEV。そんなアウトランダーPHEVがマイナ−チェンジを受けた。一見すると派手な変更はないようにも思えるが、見えないところでかなりの進化を遂げているのが特徴。そんなアウトランダーPHEVの3つの「イイネ!」を紹介しよう。

文:ベストカーWEB編集部/写真:池之平昌信



乗り味の洗練がとっても「イイネ!」


アウトランダーPHEVは発売から4年が経過するが毎年少しずつ小さな変更を繰り返して、モデルとしての魅力を磨き続けている。迫力のあるダイナミックシールドをまとったアウトランダーは、今回のマイナーチェンジでは「中身」の進化を大幅におこなった。

まず大きなトピックとしてはSエディションへのビルシュタインの設定。ランエボでもおなじみのビルシュタインが設定されたことで、全高のあるアウトランダーPHEVながらしっとりした乗り味を実現している。また他グレードでもショックアブソーバーのバルブの構造を見直し、減衰力をチューニング、さらにリア回りのブッシュを変更したことで、操縦安定性をアップさせている。

実際に乗ってみると足回りの「角」がとれて、スムーズにサスペンションの動きを感じる。さらにステアリングの動きが非常に"ドッシリ"しているのもいい。フワフワしたステアリングフィールだと、大きなSUVでは心もとない。まるで欧州車のような"ドッシリ感"で、長距離ドライブもきっとラクラクこなしてしまうだろう。試乗してみると乗り味の意味がわかるはず。

また上級グレードのSエディションには構造用接着剤も採用。岡崎工場に塗布専用のラインを設けるほどだ。Sエディションにも試乗したが、その乗り味はノーマルグレードと比べると"ガッシリ感"がより強く感じられる。楽しく走りたいパパにはSエディションを積極的に選ぶ価値があるはずだ。


ワインディングなどでも改良を受けたドッシリした足回りはSUV特有の怖さがない

次ページ:EVとしても進化している!!



EVとしての進化も「イイネ!」


アウトランダーPHEVの特徴でもあるEVとしての一面。もちろんエコという点でもずば抜けているが、もうひとつ特徴を挙げるとすればその静粛性だろう。EV走行時の加速音は非常に静かで、寝ている同乗者を起こしてしまうなんてことも減るだろう。

そんなEVの一面を強化するモードがMC後のアウトランダーPHEVには装着された。それが「EVプライオリティモード」。このモードはエンジンを始動させることなく、EVとして走行できるモードだ。これまで実装されていなかったが、ユーザーからの声をフィードバックして装備された。早朝のゴルフ、深夜の釣りなどさまざまなホビーに活用されるアウトランダーPHEVだけに、近隣住民への騒音を心配するユーザーも多い。そんなユーザーからの声に三菱が応えた形だ。

また充電時間の短縮も大きなトピックだ。これまで80%までの急速充電が30分かかっていたのが、約25分までに短縮した。これは時間課金制の急速充電器での使用にも有利。「たった5分の短縮?」と思うかもしれないが6回の充電で1回分の元がとれてしまう。EVではなくガソリンでも走れるプラグインハイブリッドだけに、SAやPAの急速充電器を使うことを憚るユーザーも多いそうだが、この5分の短縮で気兼ねなく充電ができそうだ。


EVプライオリティモードはシルバーの「EV」ボタンを押すことで機能する。電力を優先してEV走行に割り当てる

次ページ:予防安全ブレーキやナビも大幅性能向上

安全性やユーティリティの大幅アップデートも「イイネ!」


今回のアウトランダーPHEVの進化は走りの面だけではない。予防安全技術「e-Assist」がアップデートされ歩行者の検知も可能になった。従来のミリ波レーダーから、レーザー+単眼カメラの併用式に変更されたことで格段と自動ブレーキの性能が向上した。死角も大きなSUVだけに歩行者検知機能が付いたこと、それは販売面でもかなり大きなアドバンテージになりそうだ。

さらに自慢の4WDシステム「S-AWC」は特に「4WD LOCKモード」を強化。デリカD:5やランエボなどで培った4WD制御システムだが、今回はそれらのデータをフル活用してさらに安全性の高いものに進化。前後モーター駆動力の制御を見直し、旋回性能やコントロール性を向上しているのだ。雪道や凍結路など一番ユーザーが頼りにしたい部分だけに、このマイナーチェンジでより信頼性の高いSUVになった。

またユーティリティの進化も大きい。なかでもスマートフォントの連帯機能の強化だ。ナビゲーションとスマートフォンのリンクをおこなうことで、スマートフォンのアプリをナビゲーション画面内で安全に使う事ができる。iPhoneの「Apple Car Play」やAndroidの「Android AUTO」に対応しており、家族や友人とのドライブをより快適に、そして楽しくすることができそうだ。

またスマートフォンだけに今後の拡張性も大きく、より一層の機能の充実も図れそうだ。世界ではスマートフォンとのリンクがもはや当たり前になってきており、アウトランダーPHEVのようなSUVでその機能が実装されたのは国産車としては大きな一歩ではないだろうか。

エコでも楽しさを忘れない。走りも、安全性も、そして機能性も充実したアウトランダーPHEVは、国産車では唯一無二のプラグインハイブリッドSUVとなっている。


歩行者検知機能もついた「e-Assist」。子どものダミーでもしっかりと検知して止まったぞ

 


スマートフォンの機能をフルに活用できる。画面は「Andoroid AUTO」だが「Apple Car Play」にも対応している

アウトランダーPHEV
・JC08モード燃費:19.2km/L
・価格帯:365万9472円〜478万9620円