純ガソリンエンジン車No.1決定戦(各カテゴリー編)

日本の宝、「ターボ&スーパーチャージャー」編

現在、日本車の過給エンジンはGT-RのVR38DETT(今回は特別枠のためエントリー除外)を加えた11種類で、そのうち1.6L以下の小排気量過給エンジンは7機種となっている。

トヨタ、日産、ホンダ、スバル、スズキにあり、日本車もダウンサイジングターボが増え、一般的になってきたことを実感させる。2Lとなるが、クラウンアスリートなどに積まれる直噴ターボもV6からの置換となるダウンサイズターボだ。

いっぽう、昔ながらのスポーツ系ターボはGT-RとスバルWRXの2種類の2Lターボのみ。かつてのターボ全盛時代とは比べるべくもないが、今後はレクサスLSにV6、3.5L、スカイラインクーペにV6,3Lのツインターボが搭載されるなど新開発ユニットがスタンバイ。ターボの未来は明るい

新型スイフトの3気筒ターボをチョイス

TEXT/鈴木直也

日本車にもようやく2L以下のダウンサイズターボが登場してきたが、どうにも感心できないのがCVTと組み合わせた時のドライブフィール。過給エンジンの醍醐味は低い回転域からグイッとくるトルク感なのに、CVTが勝手にダウンシフトするので、肝心のところが薄味になってしまう。

だから、スズキのK10C型があえて6ATを選択したのは大正解。いちばん排気量の小さいコイツが、国産ダウンサイズターボのなかで最もピリッとしていて小気味よい。

ホンダのL15B型も、ぜひ組み合わせるATを考えて欲しいものであります。

【鈴木直也が選ぶターボ&スーパーチャージャーエンジンTOP3】

1位 スズキ K10C型(直3,1Lターボ スイフト、バレーノほか)

2位 ホンダ L15B型(直4,1.5Lターボ ステップワゴン、ジェイド)

3位 トヨタ 8AR-FTS型(直4,2Lターボ クラウンアスリートほか)

スバルWRXのEJ20だけは別次元

TEXT/国沢光宏

WRX STIのEJ20だけ別次元。本物のスポーツエンジンであります。このエンジンに勝てるユニットは世界的に見たって数少ない。次点がWRX S4に搭載されているFA20。350㎰くらい引き出してやると、EJ20からバトンタッチできるかもしれない。3位は大きな差でトヨタ&レクサス4気筒、2ℓターボの8AR。絶対的な出力だけでなく実用燃費が伸び悩む点で評価できません。今や2ℓ直噴ターボは省燃費エンジンから5ℓ級の出力&トルクを引き出すエンジンまで揃う。8AR程度の出力なら、もっと燃費よくなくちゃ。日本のエンジン、世界から大きく引き離された。

【国沢光宏が選ぶターボ&スーパーチャージャーエンジンTOP3】

1位 スバル EJ20型(水平対向4,2Lターボ WRX-STI)

2位 スバル FA20型(水平対向4,2Lターボ WRX-S4、レヴォーグほか)

3位 トヨタ 8AR-FTS型(直4,2Lターボ クラウンアスリートほかほか)

やはり1位はスバル、ただし価格を考えて……

TEXT/渡辺陽一郎

1位はスバルWRX S4などが搭載する2Lのターボ。動力性能は自然吸気の4ℓ並みで、高性能でもクセがなく実用回転域から扱いやすい。価格はレヴォーグでは1.6Lターボに比べて実質45万円高いが(4WDのVTD化も含む)、フォレスターは2LのNAと比べてわずか16万円アップで搭載する。

2位もスバルレヴォーグの1.6Lターボ。スポーティ感覚は乏しいが、駆動力は2.5ℓ並みで運転がしやすく燃費も優れる。3位はステップワゴンなどが搭載する1.5Lのターボ。2L並みの駆動力を低い回転域から発揮して扱いやすい。もう少し燃費が向上するといい。

【渡辺陽一郎が選ぶターボ&スーパーチャージャーエンジンTOP3】

1位 スバル FA20型(水平対向4,2Lターボ WRX-S4、レヴォーグほか)

2位 スバル FB16型(水平対向4,1.6Lターボ レヴォーグほか)

3位 ホンダ L15B型(直4,1.5Lターボ ステップワゴン、ジェイド)


WRX S4やレヴォーグに搭載されるFA20型2ℓ直噴ターボ。ダウンサイズを狙ったものではなく300㎰/40.8㎏mのハイパワーを誇る

総合(部門別)結果発表

最後の「ターボ&スーパーチャージャーエンジン」編も3名バラバラとなったが、とりあえず3名ともに評価の高かったステップワゴンの1.5Lターボとレヴォーグの2Lターボを選出した。

結果、各カテゴリーのベストエンジンは以下のようになった。

■スポーツエンジン部門:マツダ ロードスターの直4,1.5L

■3&4気筒NAエンジン部門:スバル インプレッサの水平対向,2L

■6気筒以上のNAエンジン部門:トヨタ レクサスLS460のV8,4.6Lエンジン

■ターボ&スーパーチャージャー部門:ホンダ ステップワゴンの直4,1.5Lターボ&スバル レヴォーグの水平対向2Lターボ

次回はこの5機種のバトルロイヤルで「ベストofベスト」を選出します! お楽しみに!

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ