【名車には名試乗記を】RX-7にとって、重要なのは「数字」ではない【徳大寺有恒の名車リバイバル③】

【名車には名試乗記を】RX-7にとって、重要なのは「数字」ではない【徳大寺有恒の名車リバイバル③】

Web読者にも大好評の「名車リバイバル試乗記」、第3回めはマツダ・RX-7(FD3S型)が登場します。1991年12月にデビューし、今も多くの根強いファンを抱えるRX-7最終型を、徳大寺有恒氏は登場時にどう評価したのか? 「ロータリーは必ずしも好きではない」と語る徳大寺氏が、それでも認めざるをえなかった力が、このクルマにはあるようです。

※本稿は1991年12月に執筆されたものです

文:徳大寺有恒

ベストカー2015年1月26日号「追悼特集 徳大寺有恒スペシャル」より

「徳大寺有恒リバイバル試乗」は本誌『ベストカー』にて毎号連載中です



■RX-7の最も重要な部分


〝スポーツカーというものは軽いクルマと同義語〟。これは多くの人がいう言葉だ。かのエンツォ・フェラーリもそのひとりである。

メルツェデス・ベンツは第二次大戦後、その威信をかけて、スーパースポーツカー〝SL〟を作ったが、その名はずばり〝スーパーライト〟超軽量であった。

最近ではホンダがNSXを作るにあたり、アルミニウムを多用したのも、この超軽量を実現させるためだ。

軽量化はパワーウェイトレシオを有利にし、動力性能を上げる。しかし、軽量化のメリットはそれだけではない。同じパワーウェイトレシオが5㎏/psであったとしても、1000㎏のボディに200psのエンジンを搭載しての5㎏/psと1500㎏に300psの5㎏/psでは、まるで違ったスポーツカーになる。

いわゆる慣性重量の軽さは、そのクルマのすべてのダイナミックな性能に有利に働くのである。

そして新しいRX-7の最も重要なる部分はそこにある。軽量化を前提にシャシーを考え、サスペンションを考え、ボディを考えている。RX-7を本格派スポーツカーと私が呼ぶのはこの考え方による。

中心車種のタイプRのパワーウェイトレシオ4.94㎏/psはエアコンをはじめ実用上のアクセサリーをすべて付けての状態であり、それはスーパーライトとよぶにふさわしい。

また同時にRX-7は重心を下げることに腐心している。これも安定した動きをクルマに与えるためである。

従来の日本のスポーツカーはスペックに頼る傾向にあった。やれパワーがどうだとか、サスペンションがどうだとか、Cd値がいくつであるという風に数字や形式にこだわっていた。

RX-7は少し違うアプローチである。軽く、重心を低く、重量物をなるべく中心に、という目的でクルマが出来上がった。重要なことは数字ではなく、軽快なドライブフィールのためという結果である。


■RX-7のドライブフィール


RX-7はまったく独自のパワーユニット、ロータリーを生かすためのスポーツカーコンセプトが、このクルマを本格的に仕立てあげている。

しかし、いつもいうように、私はロータリーエンジンを必ずしも好んではいない。たしかにスムーズでパワフルである。大排気量エンジンのように大トルクを感じさせるが、小気味のいいシャープな切れ味には欠けるのだ。

私はことによると一発一発がハジけるレシプロエンジンに慣らされているのだろうと思う。新しいシーケンシャルターボを持つこのパワーユニットは、超低速以外、恐ろしくパワフルであり、ほぼトップエンドまでムラなくフケ上がるからドライバーが得るものとしては、文句のあるものじゃないのだが。

RX-7をドライブして感じることは、そのハンドリングがどうの、こうの、ブレーキがどうの、こうのといった部分的なものじゃない。このクルマの持つ、スポーツカーフィールが走りを支配していることなのだ。

ドライバーズシートの感覚、その低く、やや狭く囲まれたドライバーズシートは、スポーツカーのそれだ。

この点、どこからどこまでスポーツカーでありながら、ドライバーにスポーツカーを意識させないNSXとは対照的だ。言い換えれば、RX-7のスポーツカー演出は、ボディ内外のデザインによるものじゃなく、その基本たるコンストラクション(構造)によるものであるところがこのクルマの生命だろう。

だから、RX-7から感じられる最大のものはエンスージャスティックであることだ。率直に言って私はこういうエンスージャスティックなスポーツカーが日本で生まれるとは思っていなかった。

スポーツカー好き(編集註・RX-7の開発責任者は、現在自動車ジャーナリストである小早川隆治氏)が、理想を追ってスポーツカーを作る。その結果が、このRX-7なのだとしたら、日本のクルマ作りもそう捨てたものじゃない。

【MAZDAアンフィニRX-7(FD3S)】 1991年12月誕生

1991年に「RX-7」としては3代目として誕生。シーケンシャルツインターボと組み合わされた13B型ロータリーエンジンは1999年のマイチェンで280ps/32.0kgmまで高められ、スムーズで鋭い加速とシャープなハンドリング性能、何より美しいスタイルは、今もってなお「国産車史上最高のスポーツカー」と評す人もいるほど。おりからの排ガス規制強化とスポーツカー販売不振の影響を受け、2002年8月に生産終了するまでの総生産台数は約5万3000台。まさにニッポン自動車界の至宝といえる

◎RX-7タイプR(5MT)テスト結果

0~400m加速 13.19秒

0~1000m加速 24.59秒

最高速度 256.20㎞/h

MAZDA RX-7の中古車検索結果はこちら。

 

「徳大寺有恒 名車リバイバル ホンダ・NSX編」

「徳大寺有恒 名車リバイバル トヨタ・スープラ編」

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ