レクサススポーツヨットど迫力試乗 LCのV8エンジン2機搭載!!乗ったぜ!!!! 

 レクサスが本気で作った、世界に1艇しかないスポーツヨットが東京湾に出現!! 

 心臓部にLC500にも搭載される5L、V8エンジンを2基収めた、“レクサス史上最も高価かつ豪華な乗り物”は、いったいどんな走りをみせるのか? 国沢光宏氏が自らハンドルを握りレポートする。

文:国沢光宏/写真:編集部
ベストカー2017年7月10日号


車でいえばレクサスLFA 世界に1艇のスポーツヨット

 レクサスがかなり本格的な大型のスポーツボートを作った。わかりやすく説明すると「なんの役にも立たない単にカッコいいだけで数億円するカテゴリー」である。

 クルマ業界でいえばレクサスLFAのようなクラスで、世界的に見ても「凄いね!」と言われるほど。

 実際、派手さは誰にもわかるのだろう。試乗会(試艇会?)の舞台になった夢の島マリーナからレインボーブリッジあたりを走っていると、まぁ目立つのなんの!!

 デザインは皆さん写真を見て「オランダの木靴みたいなスタイルですね~」と思うかもしれない。

 確かに奇妙なシルエットだけれど、このクラスになると存在感が何より重要。ハル(フネは艇体をハルと呼ぶ)のカラー含め、なかなか面白いんじゃなかろうか。

 モーターショーのコンセプトカーやファッションショーのTOPモードと同じ。モナコやカンヌ、フロリダあたりに持っていってもイケそうだ。

価格は数十億円!? エンジンは5L、V8を2機搭載

 ちなみに価格は野暮な質問かもしれない。高くて買えないですから。とはいえ知りたい情報だと思うので聞いてみたら

「ワンオフ艇なので二桁の億かかってます」

 このカテゴリーの商品として売るのなら3億~4億円かと。エンジンはLC500などに搭載されている5LツインカムV8の450馬力×2。

 42フィートあることを考えれば、少々控え目。800馬力×2くらい欲しいところです。

V8エンジンの450馬力が2つ搭載されている

気になる『走り』と開発の意味

 走りはどうか? 艇名となっている『レクサススポーツヨットコンセプト』の通り、正真正銘コンセプトカーである。

 そいつを惜しげもなくフルスロットルでガンガン走らせ、誰にでもステアリングを握らせているだけで凄いこと! トヨタ超太っ腹です。

白いハンドルが特徴的な運転席

 2年くらいかけて改良していけば、市販レベルのクォリティに仕上がることだろう。いやいやエエもんを運転させて頂いた。

 さて。なんでこんな豪勢なフネを作ったのかといえば、近い将来レクサスで60フィート級のクルーザーを作るためのブランド作りだという。自動車業界と同じく高額商品を作る場合、こういったスポーツボートが重要。

広々とした内部

 豊田章男社長自ら「ブランドイメージになるフネを作ってみたらどうか?」と提案したそうな。その通りであります。個人的には気軽に買えるトヨタのフネもお願いしたいです。

レクサス スポーツヨットコンセプト 主要諸元

  • 全長:12.7m/全幅:3.86m
  • 最大乗船人数:8人
  • エンジン型式:2UR-GSE
  • 排気量:4969cc×2
  • 最高出力:450ps×2/6300rpm
  • 最高速度:43ノット(約80km/h)
  • 燃費:約130L/h
  • 燃料タンク:1000L

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型続々!! エボリューション新時代|ベストカー3月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、 環境、安全が叫ばれる時代に誕生する、各メーカーが開発中の最新“エボ”モデルの最新情報をお届け。  そのほか、マイナーチェンジするシビックタイプR情報から、ももクロ高城れにちゃんによるハスラー…

カタログ