走りが激変!? 新型フィット 試乗 ダイレクト&シャープな新型を『選ばない理由はない!!』

外見がちょっと変わった以上に、走りが大きく進化していた!! フィットは6月29日にマイチェンを敢行。その主な内容はすでにお伝えしたとおりだ。

■新型フィット初試乗 これいい!! フィットを買うなら覚えておくべきたった一つのこと

今回はじっくり乗ってわかったNEWフィットの実力を解説。特筆すべきはそのハンドリングにあった!!

文:清水草一/写真:藤井元輔、編集部

ベストカー2017年8月26日号


デザインはシンプルに洗練された

現行フィットが登場して3年。初のマイナーチェンジを受けました。

フィットの強みは、クラス随一の居住性や使い勝手に加えて、ハイブリッドのミッションにDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を採用していることだと考えております!!

ライバルのアクアの電気式無段変速は、効率はいいがダイレクト感が皆無で、走るヨロコビに欠ける。その点フィットの7速DCTはイイ!! それがリコールを連発してホンダを窮地に追い詰めたとはいえ、故障しなけりゃ(もう大丈夫だよね?)私は絶対こっちが好き!


デュアルクラッチを用いるi-DCDは他のハイブリッド車にはないダイレクトな加速感が魅力だ

逆に最大の弱点は、ハンドリングにホンダらしさが皆無だったことだ。車の動きが平凡で退屈、ドヨーンとしてキレがなかったんだよね。

今回のマイチェンでは、パワートレーンはほぼキャリーオーバーなので、そのあたりを中心に確認しました。

おっと、ルックスもかなりの変更を受けている。

グレード名に「S」と「RS」がつくモデルは、戦闘的なフロントバンパーで武装し、全長も55mm長い。でも、個人的には素のグレードのほうがサッパリシンプルで好みです。

リアバンパーからはダミーのエアアウトレットが消えて、これまたシンプルに。マイチェン前のフィットは、前後ともにフェラーリ360モデナ的な造形が見られて「ゴチャゴチャしてるし、浮いてるな~」と思っていたのですが、スッキリ方向に改善されました。これはいいことです。


左側の車両がMC前、右側がMC後のフィットハイブリッド。比べると、最も印象的なのは前後バンパー部の形状。清水氏が指摘するようにエアアウトレット形状はシンプルにまとめられた

次ページ:肝心の走りはどうなった? アクアとの優劣は!?

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ