走りが激変!? 新型フィット 試乗 ダイレクト&シャープな新型を『選ばない理由はない!!』

走りが激変!? 新型フィット 試乗 ダイレクト&シャープな新型を『選ばない理由はない!!』

外見がちょっと変わった以上に、走りが大きく進化していた!! フィットは6月29日にマイチェンを敢行。その主な内容はすでにお伝えしたとおりだ。

■新型フィット初試乗 これいい!! フィットを買うなら覚えておくべきたった一つのこと

今回はじっくり乗ってわかったNEWフィットの実力を解説。特筆すべきはそのハンドリングにあった!!

文:清水草一/写真:藤井元輔、編集部
ベストカー2017年8月26日号



デザインはシンプルに洗練された


現行フィットが登場して3年。初のマイナーチェンジを受けました。

フィットの強みは、クラス随一の居住性や使い勝手に加えて、ハイブリッドのミッションにDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を採用していることだと考えております!!

ライバルのアクアの電気式無段変速は、効率はいいがダイレクト感が皆無で、走るヨロコビに欠ける。その点フィットの7速DCTはイイ!! それがリコールを連発してホンダを窮地に追い詰めたとはいえ、故障しなけりゃ(もう大丈夫だよね?)私は絶対こっちが好き!


デュアルクラッチを用いるi-DCDは他のハイブリッド車にはないダイレクトな加速感が魅力だ

逆に最大の弱点は、ハンドリングにホンダらしさが皆無だったことだ。車の動きが平凡で退屈、ドヨーンとしてキレがなかったんだよね。

今回のマイチェンでは、パワートレーンはほぼキャリーオーバーなので、そのあたりを中心に確認しました。

おっと、ルックスもかなりの変更を受けている。

グレード名に「S」と「RS」がつくモデルは、戦闘的なフロントバンパーで武装し、全長も55mm長い。でも、個人的には素のグレードのほうがサッパリシンプルで好みです。

リアバンパーからはダミーのエアアウトレットが消えて、これまたシンプルに。マイチェン前のフィットは、前後ともにフェラーリ360モデナ的な造形が見られて「ゴチャゴチャしてるし、浮いてるな~」と思っていたのですが、スッキリ方向に改善されました。これはいいことです。


左側の車両がMC前、右側がMC後のフィットハイブリッド。比べると、最も印象的なのは前後バンパー部の形状。清水氏が指摘するようにエアアウトレット形状はシンプルにまとめられた


次ページ:肝心の走りはどうなった? アクアとの優劣は!?



ハンドリングはシャープに変貌!!


で、走りはどうか。

まず乗ったのはハイブリッドS。動き出しからボディはしっかりした印象だ。ハンドリングもカッチリ。ステアリングに対する反応がだんぜんダイレクトになってるじゃないか!!

ちょっと初期ゲインが強すぎるというか、反応がシャープすぎると感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はピュッピュ切れるステアリングが好きなので、とっても好印象。ボディはドイツ車、ハンドリングはイタリア車的な仕上がりですかね? ホンダ車はこれくらいでいいんじゃないかに。

開発陣に尋ねると、「サスペンションの取りつけ剛性を上げて、そのぶんダンパーを乗り心地重視に振り、細かい振動を取り除いた」とのこと。つまり、ドイツの高級車みたいな方向に持っていくことに成功しているのですね。

ハンドリングのシャープさに関しては、ステアリングギアボックスの小部品の剛性を上げたところ、想定外の効果があったそうです。


これまでのフィットと比べると、ハンドリングは見違えるほどシャープになったと清水氏。i-DCDと併せて、走りの性能は見た目以上に変貌を遂げている


MC直後のアクアと比べると『全域でフィット優勢』に


ライバルのアクア(こちらもマイチェン直後)と乗り比べると、意外にも2台の動きは似通っておりました。もともとアクアは、低重心でシャープなハンドリングを持っていたが、乗り心地の評判が悪く、最初のMCで超ダルに。

2度目で中庸になりましたが、3度目の今回は原点回帰で再びシャープ&スポーティ方向に戻り、乗り心地はかなり硬め。

アクアのほうが全高が低いぶん重心も低いのだが、乗り心地を含めた総合評価ではフィットが上。もちろんミッションはDCTのフィットの勝ちだし、エンジンフィールも断然フィットのほうがイイ。居住性もフィットが圧倒している。

つまり、すべての分野でフィットはアクアに勝っております。元アクアオーナーとしては微妙な敗北感。

今回、唯一アクアが勝ったのは燃費だったが、それとて僅差でほぼイーブン。この2台を真っ当に比べたら、フィットを選ばない理由はないと言ってもいいでしょうな……(涙)。


ともに1.5Lエンジンにモーターを組み合わせるが、システム出力はフィットHVが137ps、アクアが100psとフィット優勢。6月の販売台数はフィットが8737台、アクアが1万1453台とアクア優勢だ

続いてガソリン車の「RS(1.5L)」と「13G」。RSのウリはなんといっても6速MTが選べることだ。それ以外は実にフツー。エンジンはキレがないし、足回りも穏便。それより、13Gのブレッド&バターな感じがよかったッス。


専用の足回りに6MTも用意する『RS』。まもなくライバルのスイフトスポーツも発売されるが、少し大人しい?

フィットの販売を見ると、ハイブリッドが5割強を占めているが、ガソリン車も5割弱売れているんだよね。ハイブリッド専用のアクアと違って、フィットの半分はガソリン車。MCでハイブリッド同様、ボディはしっかり、ハンドリングもシャープになっている。

ホンダセンシングも、最廉価グレードを除いて標準あるいはオプション装備可能となったフィット。従来型よりも価格も上がったけど、魅力はそれ以上にアップしておりますね。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 20年ぶりの革新! ベストカー8月10日号

 スズキが誇る日本の名車、ジムニーがついにフルモデルチェンジを敢行! 7月10日発売のベストカー最新号では、その新型ジムニーにいち早く試乗し、隈なくチェック。さらに、巻頭スクープではトヨタのスポ...

カタログ