レヴォーグ&WRX STI&S4比較試乗!!スバル人気車3台はどれほど進化したか 衝撃進化の実態は!?!?

2017年7月、スバルはWRX STI、WRX S4、レヴォーグ3車種ともにほぼ同時期にビッグマイナーチェンジを実施し、「D型」へと切り替わりました。当サイトは、静岡県伊豆市の修善寺にある「日本サイクルスポーツセンター」で行われた試乗会にて、PCWRCワールドチャンピオンのラリードライバー新井敏弘氏に試乗を依頼。この3車種を(新型と旧型で)徹底的に乗り比べた。さて、その進化度とはいかほどか? 人気車3台だけにこの夏、購入を狙っている方も多いはず。ぜひ買いに行く前に当記事をチェックしてください!

文:新井敏弘 写真:池之平昌信

ベストカー2017年8月26日号


■【WRX STIの主な変更点】「FFがFRになった感覚!!」

○フロントフォグランプを装着せず、大型インテークを設けることで冷却性能を向上
○マルチモードDCCDは従来の電子制御と機械制御(トルクカム)の組み合わせから、電子制御のみの構造に変更
○ブレンボ製18インチ(フロント6ポット、リア2ポット)・モノブロックキャリパー&ドリルドローターを採用
○新19インチアルミホイール&245/35R19タイヤを採用

こんちは、新井です。今回の年次改良はかなりのものだと聞いていましたので、期待値はかなり高かったです。タイヤを鳴らせない程度で3車種の旧C型と新D型をガンガン攻めてきました。

新型WRX STIの一番の進化はマルチDCCD(ドライバーズ・コントロール・センター・デフ)のコントロール性でしょうね。DCCDは今回のビッグマイナーチェンジで、これまでの電子制御と機械制御(トルクカム)の組み合わせから、機械制御を廃止して電子制御のみに変更しましたが、その効果は想像以上a

大げさですが、FFがFRに進化したといえばわかりやすいかな。コーナーの進入、つまり曲がりはじめの回頭性が明らかによくなって、フロントタイヤを旋回方向に使っているのがわかります。コーナリング中に旋回Gが高くなってもフロントから逃げるような感覚も少なくなり、4輪全体が踏ん張りながらコーナーを曲がるんですよ。リアのスタビライザーを20㎜から19㎜に細くしたことによってリアタイヤの接地感も増してタイヤのグリップ感を感じやすく、1段上の運転が楽しい領域に入ったように感じます。

スバルが社内でテストした回頭性と操縦安定性のグラフをみればわかりますが、18mスラロームの通過速度は1.4㎞/hも速くなっています。

しかも新しい19インチタイヤは245/35R19サイズのアドバンスポーツと、18インチのフロント6ポット、リア2ポットのブレンボ製モノブロックキャリパーとローターを採用しているのも大きい。

ブレーキは、旧型では筑波サーキットを走ると3周はもたなかったらしいのですが、新型は30分筑波を走っても大丈夫だそうです。それにグリル部分で9%、バンパー開口部で23%大きくなっているオーバーヒート対策も評価できます。でも開口部を大きくしたら、最高速度の実測値は255㎞/hから252㎞/hに落ちたそうです。

いずれにしても新型WRX STIの進化度は、旧型を100とすると、120。今までの4WDの走りが嫌いな人にオススメしたいですね。ほんとFRみたいですから。

■【WRX S4の主な変更点】「スバルらしいメニュー」

○LEDヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパー、ホイールデザインを刷新
○ダンパー、スプリング、スタビライザーのセッティングの最適化により、ハンドリング性能とフラットライドの両立
○振動、騒音対策強化による静粛性の向上
○電動パワーステアリング改良による操舵フィーリング向上
○アイサイトツーリングアシスト標準装備
○ブレーキの効きを20%向上した新開発のブレーキパッド

新旧のWRX S4を乗り比べて驚いたのは、さらにワンランク上の上質なモデルになったということです。フロアの制振性やガラス板厚アップなどで静粛性がアップしていますし、STIと同様、リアスタビライザーの径を20㎜から19㎜に落として接地感を上げています。

サスペンションは突っ張っている感じがなくなって、懐の深さが出てきましたね。しかも操舵に対してより自然なフィールの電動パワステ、北米の銅規制で新開発したブレーキパッドにしても、ブレーキの効きが約2割向上しています。まさにスバルらしい細かい年次改良のメニューですね。新しいアイサイトツーリングアシストがついていますので、旧型からの進化度は120としたいと思います。

【レヴォーグの主な変更点】「「まさにおったまげ!」

 

○アイサイトツーリングアシスト標準装備
○LEDヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーのデザインを変更
○ダンパーチューニングやスタビライザーのサイズ変更を行い、乗り心地&操安性を向上
○電動パワステを一新し操舵フィーリングを向上
○ドアガラス板厚アップや遮音材の追加、ドアシールの強化などで欧州車と同等の静粛性を実現
○1.6ℓのCVTにオートステップ変速制御を採用
○摩擦保数の高い新ブレーキパッドの採用により効きが2割向上(18インチ)
○後席の分割可倒式を4:6から4:2:4に変更
○ナビが従来の7インチから8インチへ大型化

レヴォーグは2014年6月に最初期型のA型が出ましたが、翌2015年にはGTアイサイトの足回りを改良してだいぶよくなりました。さらに2016年にはフロントにビルシュタインのダンプマチックⅡを採用して、「もうやることないだろうな」と思っていたら今回のビッグマイチェン。まさにおったまげです。

どこが凄いかというと、サスペンションの進化ぶり。旧型はフロントタイヤで7割の仕事を受けていて、タイヤのスキール音もフロントから出ていました。しかもロールしない感じがあって、リアが突っ張って接地感が薄くておもちゃっぽい。バネ、スタビライザー、ダンパー、コイルスプリングは、全体的に減衰力を旧型から約2割下げているそうです。

実際、フロントコイルやリアコイルのバンプストロークを8㎜延長し、リバウンド長はフロントストラットが5㎜、リアショックアブソーバが8㎜延長、リアのスタビライザーを20㎜から18㎜に変更(KYB、ビルシュタイン共通)というふうに実に多岐にわたっています。

それに加えて約2割効きがアップしたブレーキ(18インチ)、滑らかになった電動パワステ、リアルな加速フィールが味わえるオートステップ変速制御を追加した1.6ℓのCVT……、これに畳みかけるような「アイサイト・ツーリングアシスト」の全車標準装備。進化度は150です。ベストカー編集部がお持ち(社用車)のA型からの進化度は180くらいかな。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ