『安くなったスポーツハッチのお手本』新型ルノー ルーテシア RS は最安グレードが最良バランス!?

 スポーツハッチは、走りの楽しさと実用性を両立する“羊の皮を被った狼”。なかでも、VWポロGTIなどが属す『Bセグメント』は、日本での扱いやすさに優れた適度なサイズ感がすばらしい!! そんなBセグスポーツハッチの雄、ルノー ルーテシアRSが、7月6日にマイナーチェンジを受けた。その新型に乗ると、改良前との“ある違い”、そして意外なオススメグレードが見えてきた!!
文:ベストカー編集部
写真:奥隅圭之

初出:ベストカー2017年8月26日号


入口価格は従来比で20万円以上安くなった!!

 ルーテシアR.S.のマイチェンポイントは大きく4つ。

❶従来のシャシースポールとトロフィーに加え、2013年の発売当初にはあったシャシーカップグレードが復活。

❷シャシースポールが従来の307万円から284万円に大幅値下げ(ただし、受注生産で納期に半年くらいかかる)。

❸ポジションランプ/フォグランプ/ハイビーム/コーナリングランプとして機能するチェッカーフラッグ模様のR.S.ビジョンをフロントバンパーに設置。

❹6速DCTに、ブレーキング中にパドルを引き続けると複数段のシフトダウンをするマルチシフトダウン機能を追加─。

フロントバンパー内のフォグランプが新形状に。シャシーカップのタイヤはダンロップスポーツMAXX。サイズは205/40 R18だ

 1.6L直噴ターボエンジン(シャシースポール、シャシーカップは200ps、トロフィーは220ps)とサスペンションは変更なしとのことだが、マイチェンしたかぎりはなんらかの進化があるはず。期待に胸を膨らませて走り始めた。

マイチェンで“しなやかな乗り心地”が薄くなった?

 試乗車は新設定されたシャシーカップで、ルノージャポンではラインアップの6~7割を占めると予想している売れ筋グレード。ナビゲーションはオプションになるものの、7インチのタッチ式スクリーンなどフル装備で309万円という価格は「おまえ、いいヤツだな」と思わせる。

インテリアはマイチェン前と据え置き。高級感はないものの、シンプルでスポーティさがあるフランス車っぽさがいい!!

 走りは勝手知ったるルーテシアR.S.そのものだったが、唯一にして大きな印象の違いが……。それは路面の荒れをけっこうダイレクトに拾ってくること。筆者が大好きだった当たりの柔らかさがなくなっている!

 相変わらずいい車なのだ。充分なパワーを持つターボエンジンと、R.S.ならではのコントロール性のいいハンドリング。また、6速DCTも小気味よく操作を楽しめるし、適度なサイズだからタイトなワインディングでも持て余すことがない。

 緊急自動ブレーキやACC(先行車追従クルコン)などの最新装備は付かないものの、『スポーツハッチのお手本』的な走りは魅力たっぷりだ。

 しかし、である。もしかして、筆者のこだわりが強すぎるのかもしれないが、路面の荒れをしなやかにいなしていたあの感覚がなくなっているのがどうにも腑に落ちない。

ルーテシアRSのサイズは全長4105×全幅1750×全高1435mm。国産車でいえば日産ノートと同等で、ほんの少しだけ幅が広いというサイズ感だ

次ページ:最安グレードなら“当たりの柔らかさ”がある!? その理由とは

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ