ポルシェカイエンが新型へ オンロードSUV最強!!

  今やポルシェの旗艦モデルとなったカイエン。そのカイエンが7年ぶりにフルモデルチェンジを受けて3代目となり、ドイツ本国で正式デビューを飾った。さっそく紹介したい。

文:ベストカー編集部


■いつかはほしいカイエン

ボディサイズは全長4918mm、全幅1983mm、全高1696mmと先代モデルと比較して全長で63mm、全幅で25mmアップし、逆に全高は9mm低くなってワイド&ローを強調した印象に。フロントマスクは直線基調のバンパー、リアではテールランプの造形が現行型パナメーラや718ボクスター&ケイマンと共通のデザインとなった。

全車4WDの「ポルシェトラクションマネージメントシステム」(PTM)採用で、ドライブアクスル間で駆動力を可変配分する
全車4WDの「ポルシェトラクションマネージメントシステム」(PTM)採用で、ドライブアクスル間で駆動力を可変配分する

パワーユニットはカイエンに340ps/45.9kgmのV6、3Lターボが積まれ、カイエンSには440ps/56.1kgmのV6、2.9Lツインターボという2種類を設定する。また、リアアクスルステアリング、3チャンバーエアサスなどの新技術のほか、世界初のタングステンコーティングディスクブレーキ、「ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ」をオプション設定。

注目は、ベントレーベンテイガやアウディQ7にも採用されたMLBプラットフォームの採用により、カイエンの車重が1985㎏と、先代モデル比で65kg軽量化されている点だ。共用ながらホイールベースは100mm短縮されるなど、ポルシェ独自のものだ。

写真はV6、2.9ℓツインターボ搭載のカイエンS。その最高速度は265㎞/hに達する
写真はV6、2.9Lツインターボ搭載のカイエンS。その最高速度は265km/hに達する

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ