マツダの覚悟 「選択と集中」で生まれた新型CX-8

マツダの覚悟 「選択と集中」で生まれた新型CX-8

2017年9月14日、マツダは国内市場では最上級車となる新型クロスオーバーSUV、CX-8を発表しました(同日予約開始、発売は12月14日)。希望小売価格は319万6800円〜419万400円。この新型SUVを紹介するとともに、マツダの国内ラインアップ戦略を紹介します。
文:ベストカーWeb編集部
写真:平野学



■マツダらしいデザインと走り、エンジンはディーゼルのみ


まず今回発表された新型CX-8をザッと紹介しておきます。
最大の特徴は本記事冒頭で記したとおり、3列シートのクロスオーバーSUVであること。2列目シートが2人乗りのセパレートタイプか3人乗りのベンチシートかで、6人乗りと7人乗りのグレードがある。

エンジンは2.2Lディーゼルの1種類。CX-5に搭載されるSKYACTIV-D 2.2をベースに「急速多段燃焼採用」「段付きエッグシェイプピストン」「超高応答マルチホールピエゾインジェクター」「可変ジオメタリーターボチャージャー」などの新技術を惜しみなく投入することで、CX-5よりも最高出力が175→190psに、最大トルクが42.8→45.9kgmへと向上するとともに、JC08モード燃費は18.4→17.0km/Lのダウンに抑えている(ともに2WD仕様で比較)。

これを6速ATと組み合わせ、2WDと4WDが選べる。
寸法は全長4900×全幅1840×全高1730mm、ホイールベース2930mmで、当初は「CX-5をベースにして縦横を伸ばしたのかな」と思っていたが、(海外仕様の)CX-9を縮めたそう。CX-5を見慣れていると約5mの全長は「長いなー」という印象だが、最初からこのCX-8に馴染んでいると、最初からこのクルマのために作られたデザインだなと思えるプロポーションを持つ。


何より3列シートを持つSUVというと、日産エクストレイルと三菱アウトランダーくらい。その2車種に割って入ることができれば、月販目標台数1200台はクリアできそう。
発表会場で3列目シートに座ってみたが、身長171cm、体重68kgの担当編集者は特にストレスなく座ることができた(頭上や座面は問題なかったのですが、フロアがやや高いせいで視界はよいけど膝をかなり曲げる必要があった)。
安全対策もしっかりしており、マツダの先進安全技術パッケージ「i-ACTIVSENSE」を標準装備する。


■CX-8が登場したことで、ミニバン2車種の生産を終了


マツダの発表資料によると、このCX-8は、「【走りやデザインを諦めたくない。でも家族多友人ともドライブを楽しみたい】と考えるお客さまに対し、多人数乗車の新たな選択肢としてマツダが提案する、3列シートクロスオーバーSUVです」とのこと。
マツダのデザインテーマである「魂動(こどう)」を全面的に採用しており、その上で「走りの楽しさ」を追求している。
またこれは事前に告知していたとおり、マツダはこのCX-8をデビューさせたことでビアンテとプレマシーの年内生産終了を発表(合わせて日産にOEMで出していたラフェスタハイウェイスターも年内販売終了)。ここがなにげに重要なポイントで、つまりマツダは今後「魂動デザイン」と「走りの楽しさ」を併せ持つ車種【だけ】を開発し、販売していく、ということになる。
本記事タイトルに示したとおり、これこそがマツダの「選択と集中」となる。

現在のミニバン市場を見てみると、特に(ビアンテとプレマシーが所属している)2Lクラスにはトヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイア、日産・セレナ、ホンダ・ステップワゴンがしのぎを削っており、そこに割って入って存在感を示すのは難しい。そこで「その市場」からは潔く撤退し、新たな市場へと活路を見出す戦略をとったということだ。
一時期より勢いは衰えたとはいえ、いまだミニバンは市場に対して強い存在感を示している。そんなミニバン市場からの撤退は大きな決断だろう。ビアンテやプレマシーにも根強いファンがいるいいクルマ。
それでもマツダは「選択と集中」に舵を切った。
さらに言えば、ハイブリッド車やPHEVが勢力を伸ばすなかで、「高級SUVカテゴリーでも、ディーゼルエンジンで充分やっていけるはずだ」という決意も示している。
こうした思い切った戦略は、ぜひ支持したい。

最新号

ベストカー最新号

S-FRに代わるトヨタの小型スポーツ計画、オーリスターボのデザイン判明!! 『ベストカー』1月10日号

 いつもより1日早く、12月9日に、2018年最初のベストカー1月10日号が発売となりました。今号は、トヨタS-FRに代わる新たなスポールスポーツ計画を、スクープ班が独自入手。その詳報をスクープ...

カタログ