トヨタの隠し球「GRハイブリッドスポーツコンセプト」の正体は!?【東京モーターショー2017】

 

続々と各メーカーから東京モーターショーの出展概要が発表されるなか、2017年10月6日、トヨタが自ブースの目玉車種となる「GRハイブリッドスポーツコンセプト」の出展を発表しました。
ルマン24時間レースなど、世界耐久選手権(WEC)で戦うレーシングマシン「TS050 HYBRID」をイメージしたデザインで、
・トヨタスポーツ800やスープラに採用されたエアロトップ仕様
・FRの2人乗り
・パワーユニットの詳細は発表されていないが、もしTS050と共通ならV6直噴2.5Lガソリンエンジン+ツインターボ+ツインモーター
・全長4395×全幅1805×全高1280mm

という概要。ツヤ消しブラックとLEDライトが特徴的な迫力あるデザインのこのコンセプトカー、単なるショーモデルとして作製された打ち上げ花火なのか? それとも社内で市販に向けた開発が続いているのか?
今年8月の時点でこのコンセプトカーの製作情報をキャッチしていた本誌ベストカースクープ班は、「少なくとも現時点では市販に向けた開発」と証言する。以下、この「GRハイブリッドスポーツコンセプト」が公表されるはるか以前にキャッチした情報を紹介しつつ、一部加筆修正・整理してその正体に迫ります。
文:ベストカー編集部 写真:ベストカー編集部、TOYOTA
ベストカー2017年9月26日号

 

 


 

■トヨタ内部で進むスポーツカーの「大・中・小」プロジェクト

トヨタのスポーツカー戦略がますます本格的に動き始め、その一端をお披露目するのが今年の東京モーターショー、10月25日のプレスデー。

今年4月1日の組織改編でトヨタ自動車社内に誕生した「GAZOO Racingカンパニー」は、モータースポーツ活動を主導するいっぽう、そこから得た知見をフィードバックした市販車両の開発も行う社内カンパニー。カンパニー名の頭文字を取った「GR」ブランドで展開する既存車両をベースとしたスポーティチューニングモデルのイメージが強いかもしれないが、それと並行してスポーツモデルの開発もGRカンパニーの重要な仕事となる。

86の開発責任者として知られる多田哲哉氏もこのGRカンパニー内の「GR開発部」のチーフエンジニアとして車両開発の統括にあたっている。

トヨタが今年の東京モーターショーの目玉としてサプライズ出展するコンセプトカーは、ズバリ、次期型86ともいえる、ミドルサイズのFRスポーツカーだ。

トヨタが正式に発表した「GRハイブリッドスポーツコンセプト」

前回、2015年の東京モーターショーでトヨタは、多田チーフエンジニアがかねてから公言している「スポーツカー大・中・小」の小にあたるS-FRを発表した。S-FRは前回ショーの後一時期開発凍結が伝えられた時期もあったが、現在は市販化に向けて開発が進行中(その後、残念ながら再び開発が凍結……残念)。いっぽう「大」はBMW Z4/5とプラットフォームを共用しながら開発され、年明け2018年のデトロイトショーでお披露目される計画の新型スープラだ。

となると……、そう、残された「中」、つまり86の次期型である。

(これが今回公表された「GRハイブリッドスポーツコンセプト」の正体なわけだ)

本誌が作製した予想CG。ハイブリッドスポーツカーの市販モデル

■トヨタのハイブリッド、スバルのプラットフォーム

電動化時代を見据えたハイブリッド化は必須で、レクサスLCにも採用された4速ATを組み合わせたマルチステージハイブリッドを(今回のモーターショー出展車はあくまでトヨタ製のパワーユニットだが)スバル製水平対向4気筒2Lエンジンと組み合わせることもできる。

水平対向エンジンを搭載することからもおわかりだと思うが、プラットフォームはスバルの新世代SGPをベースに共同開発されたものを使用すれば、市販可能性はグッと上がる。

トヨタのハイブリッドシステムとスバルのエンジン/プラットフォームの組み合わせは、次期型フォレスターを始めとするスバル車ハイブリッド化に向けた開発との同時進行で実現できたものでもある。

現時点では詳細スペックは未定ながら、ボディサイズは現在の86に近いものとなり、ドライビングの楽しさを感じさせるFRスポーツとなる!

☆     ☆     ☆

今回発表された「GRスポーツハイブリッドコンセプト」は、東京モーターショーという晴れの舞台での出展であるため、あくまでトヨタ製ユニットと「モータースポーツ(この場合ル・マン)とのつながり」が重視された。しかし市販化が視野に入ってくるとなれば、86/BRZで実績を積んだスバルとの共同開発は必須といえよう。

このプロジェクトはまだ始まったばかりであり、未定、未確定の情報も多い。それでも「こういうプロジェクトが生まれ、ひとつの公表された結果が出てきた」という実績は大いに評価したい。

今後の進展に期待したい。続報が入り次第、お伝えします。

GRハイブリッドスポーツコンセプトのリアスタイル。センター出しのマフラーがスポーティさを強調する
インパネもレーシーに仕上がっている。スタートボタンはシフトノブ先端をカチッと開けると出てくる(戦闘ヘリのミサイルボタンのようなイメージ)。AT車でありながらMT仕様に切り替え可能

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ