25年振りのFR! アルファロメオ ジュリア発売 BMW 3シリーズとガチンコだ!!

 10月14日、アルファロメオにとって25年振りのFRセダン、ジュリアが遂に日本で発売開始!! 「ジュリア」といえば1960〜1970年代の名車だけに期待は高まるが、最上級グレードはなんと510ps発揮! BMW M3とガチンコ勝負のモデルとなる。
文:清水草一/写真:Alfa romeo
ベストカー2017年10月26日号


1132万円の実力や如何に!? ジュリアが40年ぶり「復活」

 1962年から1977年にかけて生産され、「みにくいアヒルの子」と呼ばれて愛されたアルファロメオ・ジュリア。あれから約40年ぶりにジュリアの名が復活! しかもアルファ75以来、25年ぶりのFRサルーンとくれば、アルフィスタならずとも興奮せずにはいられない。

 ボディサイズはかなりデカい。全長4645mmはBMW3シリーズとピタリ同じ。全高は5mm低いが全幅は65mmワイドで1865mmもある。といってもまあこのくらいは現在の欧州C/Dセグメントの標準サイズ。マツダ アテンザも全幅1840mmあるのだから仕方あるまい。

真横からみた新型ジュリア。4645mmの全長は2011年まで発売されていたアルファロメオ159(4690mm)とほぼ同等だ

2Lターボエンジンは200馬力から510馬力まで3つの仕様

 ところで、日本に入ってくるジュリアはどんなエンジンラインアップか!? アルファの命はエンジンにあるだけに、そこが一番重要だ。

 グレードは4種類。最廉価版「ジュリア」は受注生産の装備が簡素化されたシンプル版なので、実質的には3グレード。

 下から順に、「ジュリアスーパー」(懐かしすぎる名称……)が4気筒2Lターボの200ps/FR。

 その上が「ジュリアヴェローチェ」で、エンジンは4気筒2Lターボのブーストアップ版、280psをトルクベクタリング4WDで路面に伝える。

 そしてトップグレードの「クアドリフォリオ」(4WD)は、フェラーリ直系の2.9L、V6ツインターボを搭載し、なんと510psを発揮‌! このエンジンはフェラーリ・カリフォルニアTのV8を2気筒ぶん削ぎ落としたもので、生産もフェラーリのマラネロ本社工場だ。

 同じフェラーリ製V6でもマセラティギブリのそれとは別物で、V8譲りの90度バンクを持つ。この510psという数字は3.8LツインターボのカリフォルニアTの560psに迫っているのだから驚く。

 トランスミッションは全グレード、ZF製の8速AT。MTがないのを嘆く諸兄もいると思うが、もはや右ハンドル仕様のジュリアはイギリス向けも全車ATだとか。

 実はヴェローチェのみ左ハンドルなのだが、これもAT。時代の流れだとあきらめよう。

伝統の四葉のクローバー印が配された2.9L、V6ターボエンジンは510ps/61.2kgmを発揮
インテリア。トランスミッションはマニュアルモード付きの8速ATのみ

510馬力のクアドリフォリオはBMW M3より割安

 510psのフェラーリ製エンジンを積んでいるとなると、さすがにお値段も張る予感がするが、そのとおりです。クアドリフォリオは1132万円。本物のフェラーリの半額以下と思えば安いがアルファ156とか159と比べると完全に別世界の車だ。

 しかし、考えてみてほしい。BMW M3と比べると、ちょっとだけ安い(M3は1185万円)。M3は、431ps/56.1kgmの3L直6ツインターボだから、スペックでは大幅リード。実は絶妙なポジショニングなのである。

 クアドリフォリオはアルファのM3版ということで決着がつくわけですが、ほかのスタンダードモデルはというと、「ジュリア」が446万円、「ジュリアスーパー」が543万円、「ジュリアヴェローチェ」が597万円。ライバルは言うまでもなくBMW3シリーズですね。まさにガチンコです。

クアドリフォリオは0-100km/h加速3.9秒という韋駄天ぶり。打倒BMW3シリーズに向け入魂のモデルだ

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ