レクサスの新車2台&スバルアイサイト情報ほか【地獄耳スクープ】

毎月200店舗のディーラーを回り、足で稼いだ情報を皆さまにお届けする当企画。「販売の鬼」といわれる遠藤徹氏がお届けします。今回はレクサス販売店から、2018年内の新車販売計画をゲット! スバルアイサイトの今後の展開、ホンダオデッセイ値引き情報、マツダのSKYACTIV-X搭載情報と盛りだくさんでお届けします! 
文:遠藤徹 
ベストカー2017年11月10日号


■2018年のレクサス新規投入モデルはUXとES

レクサスは2018年秋までに、コンパクトSUV「UX」とアッパーミディアムセダン「ES」を発売する見込みです。

昨年10月に開催されたパリサロンにて出品された「レクサスUXコンセプト」。「このまま市販」とはいかないが、デザインテイストはこのとおりで発売予定
昨年10月に開催されたパリサロンにて出品された「レクサスUXコンセプト」。「このまま市販」とはいかないが、デザインテイストはこのとおりで発売予定

UXはトヨタブランドのC-HRがベースとなり、ESはカムリがベースとなります。いずれもレクサスの次世代クルマづくりの考え方や、安心パッケージ「レクサスセーフティシステムプラス」を採用します。

フロントマスクは新世代のスピンドルグリルデザインを採用。搭載するパワートレインは、UXがFFの1.8Lハイブリッドと4WDの2.2Lターボ、ESはFFの2.5L+モーターのハイブリッドのみです。

車両本体価格はハイクオリティ化や足回りの強化、タイヤのインチアップなどよるコストアップで、ベースのC-HRやカムリの約100万円高に設定される見込みです。

こちらはカムリ。フロントマスクと内装がレクサス風になる
こちらはカムリ。フロントマスクと内装がレクサス風になる

■レクサス試練の時期に

国内販売でライバルのベンツ、BMW、アウディが堅調な増加を続けるなか、レクサスの低調ぶりが目立っています。1月~8月の登録実績は2万7325台で前年同期に比べて24.4%もの大幅なマイナス。8月単月では41%も激減しています。

これは、これまでの稼ぎ頭だったLS、RX、CT200hなどのモデルが古くなり、需要一巡期に入っているのと、これに代わるニューモデル展開がマイナーチェンジや一部改良など小規模にとどまっているのが要因です。

2017年10月19日にLSが一新し、巻き返しを目指しますが、しかし最高級モデルだけに多くの販売台数は期待できないでしょう。通年実績では20%強のマイナスにとどまる見通しです。

日本の最高級車、レクサスLS。受注は好調のようだ
日本の最高級車、レクサスLS。受注は好調のようだ

本格的な増販攻勢は2018年となります。前述のとおり、コンパクトSUVのUXとアッパーミディアムサルーンのESの投入、さらには従来モデルのマイナーチェンジ、追加モデルなどの設定による商品ラインアップ強化の如何にかかっています。

■2019年末までにスバル全車にアイサイト・ツーリングアシストを装備

スバルは2019年末までにアイサイトの最新バージョン「ツーリングアシスト」をスバル全車(OEM供給車を除く)に装備する方向で開発を進めています。現在、このアイサイト・ツーリングアシストはマイナーチェンジしたレヴォーグ、WRXに先行して採用しています。

今後は来年中盤に予定しているフォレスターのフルモデルチェンジで設定。次いで来年秋にはレガシィアウトバック&B4、そして2019年にはインプレッサ&XVに投入、といったスケジュールが予想されます。さらに、スポーツモデルのBRZへの拡大も検討されています。

■オデッセイが11月中旬のマイチェンに合わせて在庫セール発生中

オデッセイのマイチェンが近付いています。すでに外観は発表され、東京モーターショーのホンダブースにも出品されていたので、見た方も多いと思いますが、今回の新型は11月中旬に登場します。それまでホンダ各販売店では在庫一掃セールを実施中です。

すでに外観デザインは公表ずみの新型オデッセイ
すでに外観デザインは公表ずみの新型オデッセイ

現時点(11月2日)では首都圏の大型店舗には在庫車が存在しますが、すでにオプションやグレードには限りが出ています。値引き幅は拡大しており、ナビ、ETC付きではこれまで25万円近辺だったものが35万~40万円に跳ね上がる見込みです。

■SKYACTIV-Xの第1弾搭載車はデミオが有力

マツダは次世代技術の進化バージョンを実用化しつつありますが、そのSKYACTIV-X搭載の第1弾は2019年秋にフルモデルチェンジする次期型デミオ1.3ℓモデルが有力になっています。

これは、ガソリンエンジンに高圧縮比と超希薄燃焼を組み合わせることで、ディーゼルユニットのような自然発火を促し、走行性能向上とハイブリッド並みの低燃費を実現させるという技術。圧縮比は、現行の14から17~18程度への高圧縮化を目指して開発を進めていると思われます。

同ユニットはシリンダーブロックの補強や精密な燃焼制御技術の確立にかなりのコストアップを伴うことから、ハイブリッド並みの価格設定になる可能性があります。値上げを抑制すれば、販売店のマージン幅を削ることも必要で、販売店は厳しいワンプライス販売が要求される可能性もあります。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ