新型クラウンは6月に登場!! そしてホンダの大攻勢が始まる!!

 毎回ディーラーを回って「生の声」を集め、新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回はトヨタディーラーから新型クラウンの追加情報をゲット! さらに日産キューブの一部改良、そしてホンダの新車攻勢の情報などを集めて来てくれました!

 激動の2018年新車スケジュール、早くも1/4が終わろうとしていますが、まだまだ波乱がありそうです!

 なお本稿メイン写真は東京オートサロンに出品された、次期型クラウンのモデリスタバージョンですが、昨年デビューしたカムリ同様、新型クラウンもノーマル仕様の発表発売と同時にモデリスタ仕様とTRD仕様が発表発売となるようです。

文:遠藤徹
ベストカー2018年4月10日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■次期型クラウンは6月発表!!

 今回掴んだ情報によると、トヨタは新型クラウンの発表日を6月25日に決めて調整しているようです。

 次期型は、昨年の東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じボディスタイルに一本化する見込みで、従来のようなロイヤル、アスリートのようなシリーズ分けはしません。

流麗なボディスタイルが特徴の次期クラウン。次期型は「15代目」となって、徳川将軍家と並ぶことになる
流麗なボディスタイルが特徴の次期クラウン。次期型は「15代目」となって、徳川将軍家と並ぶことになる

(編集部注/新型クラウンに関するより詳しい情報は、本誌『ベストカー 2018年4月26日号』(3月26日発売号)に掲載されております)

 パワーユニットに関しては、これまで2Lターボと2.5Lハイブリッドの2本立てで、「6気筒廃止」と伝えてきましたが、申し訳ありません、最新情報によるとV6、3.5L仕様も存在するとのこと。

 ただしこちらは既報のとおり「マジェスタ」が廃止され、その代わりに設定される新たな上級グレードにそのV6仕様が搭載されるそうです。

 上級バージョンのマジェスタは2月20日付で生産中止しました。

 現行型クラウンは3月26日付でオーダーストップとなり、以降在庫一掃セールを開始する見通しです。

■日産がキューブを4月上旬に一部改良

 日産は4月上旬、キューブを一部改良します。今回の改良は法規制の対応が主な内容で、フロントバンパーやステアリングの形状変更などが行われます。ステアリングは操作がしやすい下部が平らな形状で、径が太いタイプを採用します。

現行キューブのデビューは2008年11月。登場から10年半となると、さすがにそろそろ次期型開発の情報が入ってきてほしい
現行キューブのデビューは2008年11月。登場から10年半となると、さすがにそろそろ次期型開発の情報が入ってきてほしい

 従来モデルは今年1月いっぱいでオーダーストップとし、現在は在庫一掃セールに入っています。

■ホンダがジェイドを一部改良、2列シート車を追加

 ホンダは5月上旬、ジェイドを一部改良すると同時に、従来の3列シート6人乗り車に加えて2列シート5人乗り車を設定します。搭載するパワーユニットは3列シートと同じ1.5Lターボと1.5Lハイブリッドでグレード構成も同様の見込みです。

 2列シート車は、よりスポーティな味付けと外観のデザインを採用します。車両本体価格は3列シート車と同じに設定する見込みです。

■ホンダは5月から年末にかけて多数の新型戦略車を投入

 ホンダは、上述のとおり5月上旬に発売するジェイド2列シート車を皮切りに、8月はヴェゼルの1.5LターボとクラリティPHEV、新型軽商用車N-VAN(N-BOXベース)、9月は新型CR-V、そして年末に新型ハイブリッド専用セダンと多数のニューモデルを投入し、4輪車販売での大攻勢をかけることになりました。いずれも高い技術と性能の高さ、省燃費性をアピールする商品群です。

国内月販5000台クラスを目指す新型インサイト。2018年のホンダ新車勢のなかで最も気合いが入っているモデル
国内月販5000台クラスを目指す新型インサイト。2018年のホンダ新車勢のなかで最も気合いが入っているモデル

 これによって今年のホンダは、国内4輪車販売でトヨタに次ぐ2位の座を奪還すべく、戦略モデルを揃えて態勢を整えることになります。

■CX-3が6月にもビッグマイナーチェンジ

 マツダは6月にもCX-3のビッグマイナーチェンジを実施する見込みです。このマイナーチェンジでは、内外装のデザイン変更、新しい改良型エンジン(クリーンディーゼル&ガソリン)の搭載による走行性能&燃費向上、安全対策を中心とした装備の充実、ボディカラーの再編、新グレード設定などが行われます。

マツダCX-3は評判がいいもののライバルと比べると売れ行きがイマイチ。テコ入れで強化を図る。内外装デザインも手が入る見込み
マツダCX-3は評判がいいもののライバルと比べると売れ行きがイマイチ。テコ入れで強化を図る。内外装デザインも手が入る見込み(写真は現行型)

 現行シリーズはすでに生産調整に入っており、3月いっぱいでオーダーストップになる見通しです。

 同クラスSUVはライバル(トヨタC-HRやホンダヴェゼル)の新規モデルや改良、追加モデルが相次いで投入される方向にあり、CX-3としても相当力の入ったラインアップ強化を図る方針です。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ