最新衝突軽減ブレーキがついた三菱新型eKスペースがめっちゃお得で安全に!!

 三菱の軽乗用車「ek」シリーズが、2018年5月28日に一部改良を実施した。主な改良点は、先進の安全運転支援機能の向上だ。これにより全車が「サポカーSワイド」もしくは「サポカーSベーシック」のどちらかに該当するようになった。さまざまなアシスト機能が追加されたようだが、ではいったいどんな機能が加えられたのか。

 改良型のekスペースの試乗レポートも交えてお届けしたい。
文&写真:大音安弘


■先進安全装備が大幅に進化

 ekシリーズは、軽トールワゴン「ekワゴン/ekカスタム」と軽スーパーハイトワゴンの「ekスペース/ekスペースカスタム」で構成されているが、ekワゴン系は2015年10月、ekスペース系は2016年12月にそれぞれマイナーチェンジを実施しており、今回の改良点は、先進安全運転支援機能「e-Assist」に絞られる。しかし、ここが最も重要なところ。「e-Assist」のメカニズムが一新され、機能が大幅向上されているのだ。

ハイトワゴンのeKスペース
ハイトワゴンのeKワゴン、スーパーハイトワゴンのeKスペースがそれぞれ安全装備を追加

 まず2014年12月より採用された従来の「e-Assist」の内容を振り返っておきたい。

 従来型では、検知センサーに「レーザーレーダー」と呼ばれるレーザー光を使ったセンサーを搭載。これにより自動ブレーキ機能である「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」と障害物との衝突被害を抑制する「前進時の誤発進抑制機能」を備えていた。このシステムは、比較的安価で軽自動車向きだが、作動範囲と対象物が絞られる。FCM-Cityの作動速度域は約5km/h~約30km/hの低速域に限られ、検知対象は車両のみ。誤発進抑制機能は、約10km/h以下の速度域、前方約4m以内のクルマや障害物を検知した際、アクセルペダルを素早く強く踏み込むとエンジン出力抑制をするものだった。つまり低速域に限った機能だったのだ。

 今回、一新された「e-Assist」は、センサーを「単眼カメラ」+「ソナー」に変更。これにより検知対象と作動速度域の大幅に拡大され、機能向上も図られたのが特徴だ。この単眼カメラは、日産セレナなどにも採用されるモービルアイ社製のもの。それだけポテンシャルの高いものといえる。それをekシリーズに搭載し、新「e-Assist」を開発したという。

 では、具体的な進化についても紹介したい。

今回の改良では外観部分は変更なし。使い勝手は高い
今回の改良では外観部分は変更なし。使い勝手は高い

■軽自動車初の装備も用意

 自動ブレーキである「衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)」は、対車両の作動速度を約5~約80km/hまで拡大。新たに歩行者にも対応し、作動速度域は約5km/h~約60km/hとなっている。衝突の危険を検知すると、警告。その後、自動ブレーキが作動し、衝突被害の回避軽減を図ってくれる。

歩行者検知機能付きの衝突軽減ブレーキを装備
歩行者検知機能付きの衝突軽減ブレーキを装備

 誤発進抑制機能は、「踏み間違い衝突防止アシスト」に進化。アクセルペダルの急激な操作だけでなく、ブレーキの遅れにも対応。障害物に対しては前進及び後退をカバー。15km/以下の速度域で、衝突の危険性を検知すると、エンジン出力抑制に加え、自動ブレーキがアシスト。さらに前進時は、単眼カメラ+ソナーの組み合わせにより、障害物だけでなく、前方のクルマや歩行者にも対応。作動速度領域も約25km/h以下まで拡大されている。

 踏み間違い防止機能で歩行者対応したのは、軽自動車初となる。

 この変更により、eKシリーズは軽自動車ではトップレベルの安全性能を持つことになったといえる。

踏み間違い防止機能もつく
踏み間違い防止機能もつく

 今回の改良では、これらの機能が「ekシリーズ」全車に標準化されたのも大きなトピックだ。これにより国が推奨する先進安全運転支援機能車の「セーフティ・サポートカー」、通称「サポカー」制度の装備内容が「サポカーSベーシック+」の基準を全車でクリア。さらに上級グレードを中心に一部モデルでは、車線逸脱警報システム「LDW」とオートマチックハイビーム「AHB」を装着。ここまで搭載するグレードが「サポカーSワイド」となっている。

■では実際に乗ってみましょう

 今回、試乗したekスペース カスタムの「T Safety PLUS Edition」は、軽スーパーハイトワゴンというカテゴリーのモデルとなる。

 このクラスの魅力はなんといっても広いキャビン、そしてスポーティなカスタム外装だが、カスタム全車が上記の先進機能のすべてを搭載する「サポカーSワイド」であることも見逃せない。

 オートマチックハイビームは、対向車を認識し、ライトのハー&ロー切り替えを自動化したもの。よりよい夜間の視界を提供してくれる便利アイテムだ。

 もちろん、注目は進化した自動ブレーキだが、これは、転ばぬ先の杖というもの。

 試乗中に前走車が強めにブレーキをかけ、車間が急激に縮まったことがあった。その際は、しっかりと「警告」してくれた。確かに自動ブレーキの性能は大切だが、まずは「警告」することが重要。多くのドライバーは、音や表示の警告に反応し、ブレーキを踏むことができるからだ。

 つまりクルマのアシストとドライバーの協調がより事故を回避の可能性を高められることを忘れてはならない。

 もうひとつ便利だと感じた機能が、駐車の際に便利な「マルチビューモニター」。車両周囲360度の俯瞰映像と後方を映すバックモニターで、ナビ画面などに映像を映すことができる。

 この機能も多くのグレードに標準化。しかもバックミラー内に映像を表示こともできる。だから必ずしも対応ナビを装着の必要がない。

 また表示はナビ画面とミラー内表示の切り替えることも可能。駐車時の状況に合わせて見やすい方を選択できるようになっている。

■そもそもeKスペースってクルマ、どうなの?

 運転席は、ガラスエリアと頭上空間が広いため、視界が良くて運転がしやすい。インパネもすっきりしたデザインで使いやすいのも好感が持てる。

 ただ欲を言えば、運転席から取りやすい位置に、財布や携帯などが収まる小物入れが追加されると嬉しい。

使い勝手も視界もいいが、小物入れがほしい
使い勝手も視界もいいが、小物入れがほしい

 電動スライドドアを備える後席は、開口部も大きく乗り降りも楽々。乗り込めば260mmのロングスライド機構により、駐車中に車内で足を伸ばして休憩できるほどゆとりがある。ただスーパーハイトワゴンだと、後席のエアコンの効きがイマイチなんてこともあるが、ekスペースは心配なし。エントリーモデルの「M e-Assist」除き全車に「ナノイー付きサーキュレーター」を搭載している。

 今は多くのモデルに普及しつつあるサーキュレーターだが、実はekスペースが(2014年2月のデビュー時に)クラス初搭載なのだ。

 このように乗る人に優しいekスペースの安全性をより高めたのが、今回の改良型なのである。

広大な荷室で使い勝手は大変よい。一度こういうクルマに乗ると、もうほかのクルマには乗れなくなってしまうくらいの魅力がある
広大な荷室で使い勝手は大変よい。一度こういうクルマに乗ると、もうほかのクルマには乗れなくなってしまうくらいの魅力がある

 ちなみに、試乗した「PLUS Edition」は、ekシリーズ設定される特別仕様車で、ベース車にステアリングオーディオスイッチとリヤスピーカー+ツィーターを追加して価格を据え置いたもの。車両本体価格は「eKスペース カスタム T Safety PLUS Edition」(2WD CVT)で税込み187万560円。おお、けっこうするなあ。

 とはいえ驚くべき点は、この特別仕様車、17万9280円相当のワイド2DINナビゲーションシステムがプレゼントされるという。取り付け工賃は別途必要となるが、実質的に約18万円の値引きといえる。このナビがまた、マルチアラウンドビューモニターと連携していて便利なんだ。

 値引き幅の小さい軽自動車では、かなり嬉しい特典であることを付け加えておきたい。

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ