登場確実!! 捲土重来なるか 超激戦区に復活するホンダCR-Vのリベンジ

登場確実!! 捲土重来なるか 超激戦区に復活するホンダCR-Vのリベンジ

 発表発売まで約1ヶ月半となったホンダの新型CR-V。そのわりにはどうにも盛り上がってなくて、ちょっと心配になる。乗ればいいクルマなんだろうけど、CR-Vが所属するミドルクラスSUVは(かつてCR-Vが日本市場から撤退した頃よりもさらに)とても競争が厳しいカテゴリーだ。

 そのなかでも勝ち抜いていけるのか?? 個人的には、事前に公表された写真を見るかぎりでは「これはあんまり売れないのでは?」と思ったものの、最近ホンダが公表した写真はえらくカッコよくて、「これはもしかして…?」と思い始めたところ。早く実物が見たいです。はい。

 そんな新型CR-V、詳細をじっくり紹介いたします。

文:ベストカー編集部
2018年7月10日号より


■2年ぶりの日本市場復帰

 2018年6月8日から、ホンダ公式サイトに新型CR-Vの特設ホームページが設置された(順次情報を更新中)。トップページには「8月30日デビュー」と記されており、同日発表されることは間違いない。

正直いってそれほど期待していなかったのだが、角度によってえらくカッコよく見える新型CR-V。早く公道で走る姿を見てみたい
正直いってそれほど期待していなかったのだが、角度によってえらくカッコよく見える新型CR-V。早く公道で走る姿を見てみたい

 1995年にデビューした初代CR-V。都市型SUVというコンセプトと戦略的な価格が功を奏し、みごとに人気モデルとなった。しかし2代目(2001年登場)以降、SUVブームの沈静化もあって販売は下降線。そして2016年3月、CR-Vは4代目モデルの途中で、日本市場から姿を消してしまう。

 そんなCR-Vが今年(2018年)8月、日本に帰ってくるわけだ。

こちらはリアスタイル。サイズがちょっと大きいのが気になる。現時点で入っている情報によると、3列シートモデルは純ガソリン仕様のみに設定されるそう
こちらはリアスタイル。サイズがちょっと大きいのが気になる。現時点で入っている情報によると、3列シートモデルは純ガソリン仕様のみに設定されるそう

 今回再登場を果たすのは、2016年に北米で発表された5代目。昨年秋の東京モーターショーに出品され、同日「2018年夏に日本で発売します」と電撃発表された。それがいよいよ正式に発売される。

 日本仕様のパワーユニットは、1.5Lガソリンターボと2Lエンジンベースのスポーツハイブリッドi-MMDの2本立てとなる。

 スケジュール的には、まず1.5Lターボが8月末にデビューし、その後1カ月ほど遅れてハイブリッドが投入される(最近多いパターン。新型フォレスターもこの手法だった)。

 となるとハイブリッドが本命なのかと思われるが、この1.5Lターボもかなりの注目株だ。基本はステップワゴンに搭載されているものと同じながら、出力は40ps増しの190psと、かなりパワフル。さらに3列シート仕様はガソリン車のみに設定されるため、長距離でないのならばミニバン的な使い方もできる。

■ライバルは超強力!! 存在感を発揮できるか!?

 約2年半ぶりに日本の道を走り出す新型CR-V、予想価格は290万〜450万円だ。ボディサイズはヴェゼルよりひと回り大きく、ハリアーやエクストレイル、CX-5、アウトランダーなどがライバルとなる。

 もっと絞り込めば、ガソリン仕様が3列シートという点まで共通するエクストレイル、アウトランダーが直接のライバルとなるだろう。また、このカテゴリーにはさらに来年春、トヨタが新型RAV4を投入してくる。

写真は東京モーターショーに出品された、ガソリン仕様の右ハンドルモデル。ステップワゴンのものと比べ、+40ps/4.0kgmとなる190ps/24.7kgmを発生する直4、1.5L直噴ターボエンジンを搭載
写真は東京モーターショーに出品された、ガソリン仕様の右ハンドルモデル。ステップワゴンのものと比べ、+40ps/4.0kgmとなる190ps/24.7kgmを発生する直4、1.5L直噴ターボエンジンを搭載

 この強豪ひしめくカテゴリーに、また一台キラ星のごとき輝きを持ったモデルが登場する。果たして存在感を発揮できるのか。

 最近ホンダの登録車勢は、あまり日本市場を重視していないように見える。軽自動車の(まさに日本の道路を走る、日本人ユーザーのために作られたモデルである)N-BOXが売れまくっていて、各販売店では「まあN-BOXが売れてるから(他のモデルの宣伝告知やセールスは片手間で)いいや」と思っているフシを感じる。そういう意味では、ここ1〜2年、ホンダが投入する新型車はN-BOXがライバルだとも言える。確かにあの超強力な商品力を持つN-BOXが相手だと、どんな魅力的なモデルも苦戦をしいられるだろう(シビック、ジェイド、グレイス、オデッセイらの苦戦には、こういう事情もあると見ている)。

 新型CR-Vにはぜひとも、「N-BOXだけではありません! ほかのラインアップも熱心に売ります!」というところを見せて、ホンダの販売店に活力を注入してほしい。

 加えて、かつてヒットしたものの販売が傾き、日本市場から撤退したモデルでも、投入時期を見直せばもう一度売れることもあるんだ、というリベンジマッチをぜひ成功させてほしい。そうすれば今は消えてしまったあれもこれも復活してくれるかも……と、夢が広がるぞ!(そこまで期待するのはやや重荷な気もするが……それでもCR-Vならと期待してしまう)

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 20年ぶりの革新! ベストカー8月10日号

 スズキが誇る日本の名車、ジムニーがついにフルモデルチェンジを敢行! 7月10日発売のベストカー最新号では、その新型ジムニーにいち早く試乗し、隈なくチェック。さらに、巻頭スクープではトヨタのスポ...

カタログ