ランクル300 カローラクロス新車続々登場!? 2021年トヨタの戦略とは?


■86、ランクル、レクサスNXもフルモデルチェンジ!

新型ランドクルーザー300は3.5L、V6ターボと3.3Lクリーンディーゼルターボで登場する(CGイラストはベストカーが制作したもの)

 このほか「86」のフルモデルチェンジも予定される。この内容はすでに披露されたスバルのBRZと同様で、エンジンは水平対向4気筒2.4Lになり、実用回転域の駆動力を15%向上させて低燃費化にも対応する。

 プラットフォームは現行型と共通だが、レヴォーグなどと同じくインナーフレーム構造や構造用接着剤の採用でボディ剛性を向上させる。つまりスバルとトヨタの知見を組み合わせるわけだ。現行型では装着されていない衝突被害軽減ブレーキも採用する。

 このほか「ランドクルーザー」もフルモデルチェンジを行って300型になる。現行型のエンジンはV型8気筒4.6Lだが、次期型はV型6気筒の3.5Lターボと3.3Lクリーンディーゼルターボに変わる。販売店によると「予約受注や発売のスケジュール、価格などは、2021年4月になるとわかる」とのことだ。

2014年の登場以降初となるレクサスNXのフルモデルチェンジは2021年末になるという情報がある(CGイラストはベストカーが制作したもの)

 このほかレクサスブランドでは、「NX」がフルモデルチェンジを行う。販売店では「内容は今のところ分からないが、発売はおそらく2020年の末になる」という。プラットフォームは、基本的にはハリアーやRAV4と共通で、フロントマスクはレクサスISと同様に鋭角的なデザインになる。

 NXは発売から6年以上を経過して売れゆきを下げたが、ミドルサイズSUVとあってレクサスの人気車種だ。安全装備や運転支援機能を含めて、力の入った開発を行う。

 このように2021年のトヨタは、レクサスを含めて、売れ筋車種から高価格車まで商品を幅広く刷新させる。

【画像ギャラリー】2021年のフルモデルチェンジが期待されるトヨタ車が集結!!

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ