【画像ギャラリー】横断歩道で停まらないクルマはなんと約8割

信号機のない横断歩道における一時停止率が少ない都道府県はこれだ!

元記事に戻る 乱横断多発中! 歩行者が違反切符を切られることはないのか?

 2019年10月にJAFが発表した、2019年8月15日~8月29日にかけて行った「信号機のない横断歩道において、横断しようとしている歩行者がいる際のクルマの一時停止率の調査」によると、都道府県によるバラつきも大きいが、一時停止する率は全国平均でわずか17.1%と低かった。つまり約8割のクルマが一時停止をしなかったということになる。

信号機のない横断歩道において、横断しようとしている歩行者がいる際のクルマの一時停止をしない、「歩行者妨害」が増加しているのを受けて警察庁は2019年に横断歩行者対策を強化した。2019年は、歩行者妨害取締件数の増加 (前年比+4万8,105件、+26.5%)したため、歩行者の横断中死者数の減少(前年比 -90人、-10.9%)した

●「横断歩道における歩行者優先」を守らないとどんな交通違反になる?
 「横断歩行者等妨害」という違反になり、違反点数は2点(酒気帯び0.25mg以下の場合は14点、酒気帯び0.25mg以上の場合は25点)、反則金は普通車9000円、大型車1万2000円、バイク7000円が科せられる。

■信号機のない横断歩道の一時停止率

2019年 信号機のない横断歩道におけるクルマの一時停止率(全国平均)(JAF調べ)

■都道府県別 信号機のない横断歩道におけるクルマの一時停止率

2019年 信号機のない横断歩道におけるクルマの一時停止率(全国)(JAF調べ)

■信号機のない横断歩道における一時停止率 2018年と2019年比較

信号機のない横断歩道におけるクルマの一時停止率 (全国) 。2018年と2019年の比較(JAF調べ)

元記事に戻る 乱横断多発中! 歩行者が違反切符を切られることはないのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ