【画像ギャラリー】どこが違う? ダイハツロッキー&ライズの詳細写真

コンパクトなサイズながら魅力いっぱいのロッキー&ライズ

元記事に戻る【ロッキー&ライズ超辛口新車情報】コンパクトSUVの王座間違いなし!? 強みと弱点は?

ダイハツロッキー。六角形グリルを採用する
全長3995mmとは思えない伸びやかなスタイリング。ホイールベースは2525mm
デザイン的にうまくまとまっているリア回り
ロッキーG、195/60R17インチタイヤ装着車
ロッキーG、195/65R17インチ装着車
ライズG、195/65R16インチタイヤ装着車
ライズG、195/60R17インチ装着車
ロッキーとライズのコクピットデザインは共通
ライズGのコクピット
9インチのディスプレイオーディオは14万8500円のメーカーオプション
トランスミッションはCVTのみ。シフトノブをアップ/ダウンさせるシーケンシャルシフト機構も装備
ステアリング左側の各種スイッチ。下段の3つのスイッチは駐車支援システム、スマートパノラマパーキングアシストの操作スイッチ
ステアリング右下のPWRスイッチで走行モードの切り替えが可能となるDアシストを装備。PWRモード選択時はエンジンとCVTのプログラムが切り替わり、アクセル操作に対するレスポンスが向上
メーター表示を好みに応じて4つのデザインに切り替えられる(写真はワクワク)
通常の状態でラゲッジ容量は396Lと見た目も十分な広さ
6対4分割可倒式シートを倒した状態
アンダーラゲッジは80Lの大容量
2段階式のラゲッジボードは非常に便利

元記事に戻る【ロッキー&ライズ超辛口新車情報】コンパクトSUVの王座間違いなし!? 強みと弱点は?

元記事に戻る【ロッキー&ライズ超辛口新車情報】コンパクトSUVの王座間違いなし!? 強みと弱点は?

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ